地域おこし協力隊

地域おこし協力隊とは?

太鼓をたたく男性と横笛を吹く女性の写真

「地域おこし協力隊」とは、地方自治体が都市部の住民を受け入れ、地域住民とともに地域の課題解決や、観光資源などの掘り起こしなどの地域おこし活動に従事していただき、受入自治体への定住・定着を図りながら、地域の活性化につなげるものです。

この制度は、平成21年度から総務省の事業としてスタートし、根室市では平成26年度より導入しました。

ここでは、隊員の募集のお知らせのほか、活動内容の紹介などを随時更新していきます。

地域おこし協力隊を募集します!

根室市では、地域の活性化を促進する「地域おこし協力隊」を全国から広く募集します。

地域づくり活動に意欲のある方の応募をお待ちしております!

募集内容等

1.募集人員 10名程度
2.応募受付期間 令和3年6月25日(金曜日)~令和3年12月29日(水曜日)

[1]フリーミッション型地域おこし協力隊(提案募集)               

 根室市地域おこし協力隊設置要綱第2条に掲げる活動であり、自身のスキルや経験、情熱を根室市のまちづくりに生かし、主体的に活動していきたいと隊員自らが考える「地域おこし事業」の提案に基づく地域活動を行う方を募集します。

・根室市地域おこし協力隊設置要綱第2条抜粋

(1)移住交流事業の支援活動
(2)地域資源の発掘及び観光振興に係る支援活動
(3)農林水産業の振興に係る支援活動
(4)地域の生活および地域コミュニティ活性化に係る支援活動
(5)地域行事に係る支援活動
(6)環境保全の支援活動
(7)その他市長が必要と認める活動


[2]ミッション型地域おこし協力隊

(1)観光情報発信推進員

根室市の「自然」と「食」を活かした観光コンテンツの開発と情報発信

○主な勤務・活動内容:
SNS等による根室市の観光情報の発信や観光協会等と連携した、地域情報の発信やインバウンド向けの観光関連コンテンツの企画、プロモーション活動

(2)地域福祉推進員

地域福祉に関する支援を中心に地域コミュニティの活性化

○主な勤務・活動内容:
社会福祉分野における事業企画の提案や運営、地域コミュニティの活性化に向けた取り組み

(3)地域情報発信推進員(地域情報発信クリエイター)

WEBやSNSなどを活用した、根室市の地域情報の発信、魅力発信を通じた地域活動

○主な勤務・活動内容:
地域活動の情報収集や取材、SNSやYouTube等による情報発信、地域情報誌の編集や動画コンテンツを企画立案・制作・発信するなど、地域活性化に向けた取組み

◇詳しい募集内容は、下記のリンクをご覧下さい。◇

募集対象

(1)令和3年4月1日時点において年齢が20歳以上の方
(2)3大都市圏をはじめとする都市地域等に現に住所を有する方、もしくは「地域おこし協力隊」であった方(同一地域における活動2年以上、かつ解職1年以内)で、3大都市圏外または3大都市圏内の条件不利地域に現に住所を有する方
(3)本市に定住しようとする意志のある方
(4)心身が健康で、かつ、地域協力活動に意欲及び情熱を持っている方

雇用関係・身分

市との雇用関係:なし

報酬・待遇

月額200,000円

 

任期中の住居および活動に必要な備品等は予算の範囲内で市が用意いたします。

活動期間

委嘱の日から令和4年3月31日まで
(単年度更新とし、最大で3年目の年度末までを限度とする)

応募方法

応募受付期間内に、下記書類を郵送にて提出してください。

 

1.申込書兼履歴書

2.提案書(様式任意)

3.住民票の写し(概ね3か月以内)

4.レポート(800時程度)

選考

○書類選考(レポート)及び面接

レポートのテーマは「委嘱期間満了後の定住プラン」として、現段階で考えている任期満了後の根室での定住プラン(就業、起業、生活、遊びなど)について、自由に記載してください。
※面接による選考は、日程調整し、根室市内において面接試験を実施します。
※交通費は自己負担にてお願いします。

提出先


〒087-8711 根室市常盤町2丁目27番地
根室市総合政策部総合政策室総合政策担当

これまでの地域おこし協力隊について

この記事に関するお問い合わせ先

総合政策部総合政策室

〒087-8711
北海道根室市常盤町2丁目27番地
根室市役所 2階
電話番号:0153-23-6111(代表)ファックス:0153-24-8692

総合政策室へのお問い合わせはこちら


更新日:2021年07月27日