根室市における大規模盛土造成地について

大規模盛土造成地の有無について

 根室市では、過去の開発状況及び調査を行った結果、大規模盛土造成地が存在しないことを確認しました。

 

大規模盛土造成地について

 平成7年の阪神・淡路大震災や平成23年の東日本大震災などで、盛土と地山との境界面や盛土内部での地滑りが生じ、造成宅地でのがけ崩れや土砂の流出による被害が発生しました。
 東日本大震災で被害を受けた宅地の多くは、1970年代以前に造成されており、宅地造成等規制法などの改正により技術基準が強化された2006年以降に造成された宅地では、被害が発生していないことから、既存の造成宅地について大規模盛土造成地の有無を確認したものであります。

 

大規模盛土造成地とは

 盛土造成地のうち、以下の要件に該当するものを『大規模盛土造成地』といいます。
  1.盛土をした土地の面積が3,000平方メートル以上であるもの。(谷埋め型大規模盛土造成地)
  2.盛土をする前の地盤面が水平面に対し、20度以上の角度、かつ、盛土の高さが5メートル以上で
   あるもの。(腹付け型大規模盛土造成地)

大規模盛土造成地

引用:国土交通省ホームページより

この記事に関するお問い合わせ先

建設水道部 都市整備課

〒087-8711
北海道根室市常盤町2丁目27番地
根室市役所 2階
電話番号:0153-23-6111(代表) ファックス:0153-24-8692

都市整備課へのお問い合わせはこちら

更新日:2019年02月20日