根室港について

port of nemuro

作者:岩瀬 賢悟

 波と海鳥を組み合わせて根室港(NEMURO)の頭文字(N) をシンボリックに表現。
大きな波と海鳥のはばたきは国際港根室として未来への夢と飛躍を象徴した。
右側の海鳥は濃紺。
左側の波はブルーの色彩。
下部は黒でPORT OF NEMUROの文字を配している。

nemurokou

根室港は、北海道最東端の地、納沙布岬のある根室半島の基部に位置する重要港湾でオホーツク海側の根室港区と太平洋側の花咲港区からなっています。

本港は、北方海域を対象とする漁業基地及び根室市を中心とする生活関連物資の流通拠点港として重要な役割を果たしています。また、貿易港としても古くからの歴史をもっている港湾です。

近年の漁業情勢の変化から、省エネルギー船舶の増加に対応するため大型岸壁の建設が求められ、また原魚の確保、外来船の誘致を図るなど地域経済活性化のため、港湾の整備促進が期待されており、更に国内はもとより北方圏諸国との文化・経済交流が活発となり、特に平成3年度から北方四島との交流(ビザなし渡航)の実施、また対ロシアからの輸入原魚等の拡大、CIQ機能の充実と共に外国貿易船の入港も大幅に増大しております。

平成4年には港湾計画を見直し、水産業や酪農業の一次産業及び関連する加工業を中心とした産業の振興、更には国内はもとより北方圏諸国との文化・経済交流などの深い結びつきにより、根室地域における物流・人的交流の拠点として、機能充実と産業基盤の拡充により、背後地の活性化に先導的役割を果たすべく、次の基本方針をもって、今後、港湾整備を推進することとしています。

  1. 北方圏諸国との交流拠点港
  2. 産業振興を支援する港
  3. 災害に強い港づくり
  4. 豊かな生活空間を形成する港
この記事に関するお問い合わせ先

水産経済部 港湾課

〒087-8711
北海道根室市常盤町2丁目27番地
根室市役所 2階
電話番号:0153-23-6111(代表) ファックス:0153-24-8692

港湾課へのお問い合わせはこちら

更新日:2018年03月01日