2020年10月29日 住み続けられる「まちづくり」を目指して

isigakishityo

住み続けられる「まちづくり」を目指して

 市長の石垣です。

 市民の皆様、市政の推進に当たりましては、日頃からご支援ご協力いただきありがとうございます。

 去る10月25日、令和2年3月25日に開通した、根室管内で初めての高規格幹線道路であります、「根室道路」の開通を祝う「根室道路開通記念市民の集い」を根室商工会議所との共催により、地元選出の国会議員の皆様を始め、関係者のご臨席をいただき盛大に開催いたしました。第2部では北見工業大学の高橋清教授から「高規格幹線道路を活用した根室市域の創生について」と題し、ご講演をいただき、命のみち「根室道路」の物流・人流の効率化や災害時における有効性を再確認するとともに、20年の長きにわたり建設に携わってこられた、関係者の皆様へ感謝するところであります。

 さて、平成23年に発生した東日本大震災では多くの尊い命が奪われました。これを受けて津波から国民の命を守ることを目的に「津波対策の推進に関する法律」が制定され、11月5日は「津波防災の日」となりました。 当市においても、政府の地震調査委員会・長期評価で巨大地震や、超巨大地震の切迫性が発表されており、その対策は急務であり、防災関係機関とも協力に連携を図りながら、本部機能である庁舎の建て替えを含め、ハード・ソフト両面の防災・減災対策を加速して参ります。

 街路樹も落ち葉が目立ち、冬の足音が近づいてまいりましたが、コロナ禍をものともせず、感染症対策を施して市民団体による様々なイベント活動が実施され、また、北海道庁赤レンガ庁舎前庭においては、根室の旬の食材をお届けし、魅力をPRする「まるごと根室直送市」が開催されるなど、寒さに負けずにまちを元気にする活動が行われています。

 例年、インフルエンザは冬期間にかけて流行いたします。市民の皆様にはおかれましては、秋の味覚でしっかりとエネルギーを蓄え、予防接種の受診や、日頃の手洗いの徹底、咳エチケット等「新しい生活様式」の実践により冬支度を整え、体調管理に努められますようお願いいたします。

この記事に関するお問い合わせ先

総合政策部 総合政策室

〒087-8711
北海道根室市常盤町2丁目27番地
根室市役所 2階
電話番号:0153-23-6111(代表) ファックス:0153-24-8692

総合政策室へのお問い合わせはこちら


更新日:2020年10月29日