2020年1月1日 年頭のご挨拶

isigakishityo

年頭にあたって

 明けましておめでとうございます。市長の石垣です。

 今年の初日の出は水平線に漂う雲の上から穏やかに根室を照らし出しました。

 皆様にとって輝かしい令和2年の新春をお迎えのことと心からお慶び申し上げます。

 昨年を代表する漢字は、令和の「令」が選ばれました。

 生前継承の改元は、明るい気持ちで令和の時代を迎え、また良い時代になることへの期待の表れであり、また一方では避難勧告など発令の意味もあります。

 昨年は全国各地で、豪雨や台風などの自然災害が多発し、大きな被害をもたらした年でもありました。

 政府の地震調査委員会・長期評価では、根室市は巨大地震や超巨大地震の切迫性が発表されており、その対策は急務となっております。

 そのような中、かねてより要望しておりました千島海溝沿いの巨大地震・津波対策についての調査費が政府予算に明記されたことから、根室市においても関係自治体と連携を図り、また本部機能である庁舎の建て替えを含め、ハード・ソフトの両面の防災・減災対策に努めてまいります。

 経済活動の源である漁業においては、昨年は主要魚種がどれも不振でありました。

 特にサンマの水揚げは、自然災害とも言えるほどの記録的な不漁であり、関連産業のみならず、市中経済全体にとって非常に過酷なものでありました。

 その要因の解明や国際的な資源管理の強化、そして強力な漁業外交を求めるとともに、自助の取り組みとして、本年3月に完成する栽培漁業研究センターを活用した、北方四島との共同経済活動の推進、また半島ならではの全国でも有数の沿岸域に当地域の特性を活かした漁業を科学する中で、既存の取り組みや柳ダコのふ化放流・紅鮭海面養殖などに加え、新たな挑戦を進めてまいります。

 「市民誰もが住み慣れた根室で生き生きと暮らす。」その実現を目指して、市民皆様と共に街にたくさんの笑顔を花開かせることができるようまちづくりを進めてまいりますので、皆様の絶大なるご支援を賜りますよう心からお願い申し上げます。

 本年が根室市にとって飛躍の年になりますことと、皆様の益々のご健勝とご多幸、ご隆盛を心からご祈念を申し上げ、年頭のご挨拶といたします。

 

この記事に関するお問い合わせ先

総合政策部 総合政策室

〒087-8711
北海道根室市常盤町2丁目27番地
根室市役所 2階
電話番号:0153-23-6111(代表) ファックス:0153-24-8692

総合政策室へのお問い合わせはこちら


更新日:2020年01月09日