令和2年度2月号保健だより(糖尿病になりやすい生活習慣)

 糖尿病とは、血糖値が慢性的に高くなる病気のことです。ほとんどの方が無症状ですが、「なんだか調子がよくないな」と自覚症状が出てくる頃には、重度の合併症へ進行している可能性があります。
 毎年、健康診断を受け、規則正しい生活習慣を心がけることが大切です。根室市では、糖尿病にかかりやすい生活習慣のある人が多くいることがわかっています。心当たりのある方は、少しずつ改善していきましょう!

・朝食を食べない
 朝食を食べずに昼食を食べると、血糖値が急激に上昇します。血糖値が急激に上昇すると体に負担がかかり、徐々にインスリンが効かなくなってしまいます。
朝時間がないときは、前日におにぎりやパンなど手軽に食べられるものを用意しておきましょう。

・夕食後に間食する
 夕食後の時間帯は、食べた物を1番体にため込みやすい時間帯で、血糖値も下がりにくくなります。口がさみしくなったら歯を磨いてしまいましょう。あたたかいお茶を飲むのも食欲を抑えるのに効果的です。

・食べるのが早い
 人は食べ始めてから「満腹だ!」と脳に信号をおくるのに15分かかると言われています。なので、この15分間はたくさん食べても満腹を感じにくく、早食いの人は食べ過ぎに繋がってしまいます。よく噛んで味わって食べましょう。

この記事に関するお問い合わせ先

市民福祉部保健課

〒087-8711
北海道根室市常盤町2丁目27番地
根室市役所 1階
電話番号:0153-23-6111(代表) ファックス:0153-24-8692

保健課へのお問い合わせはこちら


更新日:2021年01月26日