令和2年度保健だより7月号 熱中症予防について

根室の夏は気温が低く、熱中症にはかかりにくいと思われがちですが、昨年は最高気温が34℃となる日もありました。春から徐々に気温が上がり夏を迎えるのではなく、急に夏らしさが訪れる、根室ならではの気候こそ、身体が暑さに慣れていないため、熱中症に注意が必要です。

今年は新型コロナウイルスの出現にともない、感染症予防の3つの基本である、1.身体的距離の確保、2.マスクの着用、3.手洗いや、「3密(密集、密接、密閉)」を避ける等の『新しい生活様式』が求められています。
今回は、新型コロナウイルスを想定した、『新しい生活様式』における、熱中症予防のポイントをご紹介します。

ポイント1. 暑さを避けましょう
・ 室内の温度・湿度をこまめに確認し、適切に管理しましょう。
・ 外出時は、暑い日や時間帯を避け、無理のない範囲で活動しましょう。
・ 涼しい服装を心がけ、外に出る際は日傘や帽子を活用しましょう。
・ 急に暑くなった日や、暑い環境で身体を動かす際には特に注意が必要です。少しでも体調に異変を感じたら、涼しい場所に移動し水分を補給してください。

ポイント2. 適宜マスクを外しましょう。
・ 気温や湿度が高い中でマスクをすると、熱中症のリスクが高くなる恐れがあります。
・ マスクを着用している場合は、強い負荷の作業や運動は避けましょう。
・ 屋外で人と十分な距離(少なくとも2m以上)が確保できる場合は、熱中症のリスクを考慮し、マスクを外すようにしましょう。

ポイント3. こまめに水分補給しましょう。
・ のどが渇く前に、水分補給をしましょう。食事以外で1日当たり1.2Lの水分摂取が目安とされています。
・ 多くの汗をかいたときには、水分だけでなく、塩分も補給しましょう。

ポイント4. 日頃から健康管理をしましょう。
・ 日頃の体温測定や健康チェックは新型コロナウイルス感染症だけでなく、熱中症を予防するうえでも有効です。
・ 体調が悪いと感じたときは、無理せず、自宅で静養するようにしましょう。

熱中症予防イラスト
この記事に関するお問い合わせ先

市民福祉部保健課

〒087-8711
北海道根室市常盤町2丁目27番地
根室市役所 1階
電話番号:0153-23-6111(代表) ファックス:0153-24-8692

保健課へのお問い合わせはこちら


更新日:2020年07月01日