令和元年度3月号(貧血について) 保健だより

貧血について

毎年3月1日~3月8日は「女性の健康週間」です。今回は女性に多いお悩みの一つである「貧血」についてご紹介します。
女性は月に1回、月経による出血があり、貧血が起こりやすいです。ほとんどは、鉄分が不足して起こる鉄欠乏性貧血だと言われています。
鉄分は血液中で酸素を運ぶヘモグロビンの中心的な成分です。鉄分が不足すると、ヘモグロビンの量も減り、全身に十分な酸素を送り込めなくなります。すると、酸素不足を補うため、肺や心臓がフル回転で働かざるを得なくなり、疲れやすさや動悸、息切れ等を感じます。


貧血予防のポイントは食生活です!

鉄分をしっかり食事から摂りましょう。鉄分の他に、ヘモグロビンの材料となるタンパク質や、鉄分の吸収を促進するビタミンCを摂ることも大切です。さらに、血液が作られるときには葉酸ビタミンB12が必要となります。また、鉄は酸が分泌されると吸収されやすくなるので、梅干など酸っぱいものを食べたり、食事の際はよく噛んで、胃酸の分泌を促すことも効果的です。
 貧血は他の病気のサインとなる場合もあります。疲れやすさや立ちくらみ、動悸、息切れなど身体の不調を感じたときは、我慢せず、早めに病院を受診しましょう。
 

この記事に関するお問い合わせ先

市民福祉部保健課

〒087-8711
北海道根室市常盤町2丁目27番地
根室市役所 1階
電話番号:0153-23-6111(代表) ファックス:0153-24-8692

保健課へのお問い合わせはこちら


更新日:2020年03月24日