令和元年度7月号(熱中症にご注意) 保健だより

熱中症にご注意!

熱中症とは?
「熱中症」とは、からだが蒸し暑さにさらされることで、体温が上がったり、脱水になったりして、全身に様々な異常を生じることを言います。(体温の上昇、めまいや立ちくらみ、頭痛、からだのだるさなど)

こんな時は熱中症に注意しましょう!
熱中症のなりやすさは気温や湿度、からだが暑さに慣れているかが影響します。「気温が高い」「湿度が高い」「急に暑くなった」という日は特に危険です。
また、高齢者や子ども、持病がある人、夏バテ気味など体調が悪い人は熱中症になりやすいため注意しましょう。
→危険な日の情報などは「環境省 熱中症予防情報サイト」で確認できます!

熱中症予防のポイント
・外出時には直射日光を避け、締め付けの少ない涼しい服装を心掛ける。
・運動や作業は無理をせず、こまめに休息し、水分や塩分を補給する。
・室内は温度と湿度に注意し、室温の上昇を防ぐ。
・夜間も室温が上がらないように調節し、寝る前も忘れず水分補給する。

水分をとる目安は?
1日に必要な水分量の目安は体重60キログラムの人で、1.2リットル(コップ6杯分)です。たくさん汗をかいたときは、塩あめやスポーツドリンクなどで塩分も忘れずに補給しましょう。

もしも熱中症が疑われるときは?
・涼しい場所へ移動し、衣服を緩める
・水分・塩分を補給する
・からだを冷やす(特に首のまわり、わきの下、足の付け根を冷やす。)

熱中症に注意して、元気に楽しい夏を過ごしましょう!

この記事に関するお問い合わせ先

市民福祉部保健課

〒087-8711
北海道根室市常盤町2丁目27番地
根室市役所 1階
電話番号:0153-23-6111(代表) ファックス:0153-24-8692

保健課へのお問い合わせはこちら


更新日:2020年03月25日