平成30年度 保健だより2月号(体重計、乗っていますか?)

体重計、乗っていますか?

年末年始の集まりや飲み会で、ついつい食べ過ぎてしまって体重が増えていませんか?  メタボリックシンドローム(メタボ)は、お腹まわりが大きいというだけでなく、高血圧・脂質(コレステロール)異常、高血糖が合併した状態のことで、生活習慣病の入り口と言われています。

メタボの状態が続くとどうなる?

メタボの状態が続くと、糖尿病発症のリスクが高まるほか、発症や動脈硬化を進行させ、脳血管疾患や心臓病といった血管の病気を発症し、死亡や要介護の状態になる可能性が高くなってしまいます。

体重測定で手軽にメタボ対策を!

体重の増減が分かると、食生活や運動習慣を見直すよい機会になります。                          5~10%の体重減少がメタボ改善に効果があるといわれており、高血圧・高血糖・脂質異常も改善することができます!まずは自分の標準体重を知り、定期的に体重を測り、体重の増減を確認する習慣をつけましょう。(標準体重=身長(m)X身長(m)x22で計算できます)

禁煙も大切です!

喫煙は、動脈硬化を進行させ、血管の病気を発症する可能性を高くします。                    一人で禁煙することはなかなか難しいですが、周囲の人に禁煙宣言をする、禁煙外来を利用する方法もあります。

★根室市では、年3回の集団検診とレディース検診で特定健診を実施しています。(国民健康保険に加入している方は市内の医療機関でも受診できます)普段の生活を見直す機会に、特定健診を受けてみませんか?

 

 

 

この記事に関するお問い合わせ先

市民福祉部保健課

〒087-8711
北海道根室市常盤町2丁目27番地
根室市役所 1階
電話番号:0153-23-6111(代表) ファックス:0153-24-8692

保健課へのお問い合わせはこちら


更新日:2019年01月07日