平成29年度 保健だより 2月号(冬もしっかり野菜をとりましょう)

「冬もしっかり野菜をとりましょう!」

冬は他の季節と比べ、気温が低く空気は乾燥し、風邪を引きやすい季節です。そんな時にこそ、ビタミン・ミネラルが豊富な野菜を食べていただきたいのですが、価格が高騰しお買い物に行ってもためらってしまう、なんてこともあるのではないでしょうか?

 今回おすすめする冬野菜は、栄養たっぷりで価格もお手頃なものが多いので、この冬にぜひ食べていただきたい食材です。

<冬野菜:ニンジン、ゴボウ、レンコン、キャベツ、ネギなど>

冬野菜は体を温める

冬野菜に含まれるビタミンCには血管を丈夫にしたり、血液の材料となる鉄の吸収を高める働きがあります。また、ビタミンEには血行を良くする働きがあるため、血の巡りが良くなり、体を温めてくれます。

食物繊維で免疫力アップ

免疫力アップの鍵となるのは、意外にも腸内の環境です。腸には、体全体の60~70%の免疫細胞が存在します。冬野菜の中には、先ほど挙げた冬野菜のように食物繊維が豊富なものが多くあります。食物繊維には、腸内の悪玉菌や有害物質を減らす働きがあります。腸内環境を整えることで免疫細胞が活性化し風邪を予防してくれます。

禁煙すると、味覚や胃腸の調子が改善される、タバコがなく口寂しいなどといった理由でつい食べ過ぎてしまうことがあります。口寂しい時には、ノンシュガーのガムや飴、干し昆布や氷などを口にする習慣をつけるとよいでしょう。

 

冬も毎食野菜をとって元気に過ごしましょう!

この記事に関するお問い合わせ先

市民福祉部保健課

〒087-8711
北海道根室市常盤町2丁目27番地
根室市役所 1階
電話番号:0153-23-6111(代表) ファックス:0153-24-8692

保健課へのお問い合わせはこちら


更新日:2018年03月01日