平成29年度 保健だより 12月号

元気に冬を乗り切ろう ~冬の健康管理について~

寒い季節がやってきました。今回は冬の健康について注意したいポイントを紹介します。

1.感染症について

インフルエンザの予防として、マスクの着用、うがい、手洗い、適度な加湿が有効です。冬季間に流行する胃腸炎(ノロウイルスなど)については、十分な加熱調理、清潔な調理用具の使用、嘔吐物などには直接触れず、取り除いた後もまわりを消毒、汚物も飛び出ないように袋に入れて捨てましょう。

2.血圧について

温度差の多い場所の出入りは血管が収縮しやすく、血圧が上昇します。またトイレが近くなると水分の制限をするのは血管がつまりやすい状態になってしまい危険です。部屋の温度差を少なくしましょう。塩分の取りすぎにも注意をしましょう。

3.乾燥肌について

冬の寒さは肌の血行を悪くし、汗をかきにくくします。暖房により肌の水分を奪われさらに乾燥します。熱いお風呂、何枚も重ね着をするのはお勧めしません。保湿剤をうまく利用して皮膚のかさかさや手足のひび割れを防ぎましょう。

4.運動不足について

冬は外出の機会が減る反面、飲み会などの機会も多く、体重が増えやすくなります。軽いストレッチを行うなど、適度に体を動かしましょう。

腹巻きをしている女性
手洗いイメージ
鍋のイメージ
この記事に関するお問い合わせ先

市民福祉部保健課

〒087-8711
北海道根室市常盤町2丁目27番地
根室市役所 1階
電話番号:0153-23-6111(代表) ファックス:0153-24-8692

保健課へのお問い合わせはこちら


更新日:2018年03月01日