飯田三郎資料展示室

開館時間
火曜日~土曜日 午前10時~午後5時
日曜日         午前10時~午後3時

休館日
月曜日・祝日・館内整理日(毎月平日末日)
12月29日~1月3日

住所
根室市弥生町2丁目5番地 根室市図書館内

※展示室は2階にございます。

開館
平成9年3月23日

問い合せ先
根室市総合文化会館 0153-24-3188

飯田三郎先生のプロフィール

 大正元年12月20日根室市松ヶ枝町に生まれる。根室商業在学中に作曲を独学。

 昭和8年、根室を訪れたコロムビアレコードの作詞家、高橋掬太郎氏の勧めで、昭和11年、掬太郎作詞の「愛のグラス」でデビュー。

 昭和17年キングレコードの専属となり、高橋掬太郎氏とコンビで数々の作品を発表する。特に大衆歌謡「ここに幸あり」は今やハッピーソングの名曲として高い評価を得て愛唱 されている。これは郷土根室の大きな誇りであることから、これを讃えて昭和60年根室市役所前庭に音楽碑を建立する。

 氏の作曲分野は大衆歌謡のほか内閣総理大臣賞受賞曲・国民の歌「若い日本」や管弦楽「北海道組曲」などの交響曲を発表している。また、映画音楽においても大映・京マチ子主演「痴人の愛」など約70曲に及んでいる。

 愛郷心の大きい氏は、ふるさと根室を主題にして「国境の船唄」「新根室音頭」「新根室小唄」「大いなる海」「春はまたくる」「北国讃歌」「根室市の歌」、さらに根室市総合文化会館落成記念として贈られた、北国からの交響的序曲「21世紀へのメッセージ」など、地方歌や校歌・社歌など根室・釧路関係の作品が数多く、郷土音楽文化に多大な貢献をしており、この功績を讃えて平成9年9月に「飯田三郎賞を贈る会」が結成され、根室市における音楽文化の振興発展に貢献した個人や団体に贈る同賞が創設された後、平成25年3月の解散までに4人7団体が選ばれた。

 また、生誕百年を記念し平成24年8月に大津美子さんをゲストに迎え「ふるさとの作曲家 飯田三郎生誕百年音楽会」が開催され、氏の功績をしのんだ。

飯田三郎先生略年譜

大正元年 12月20日根室市松ヶ枝町に生まれる。
昭和5年 根室商業を卒業。(現北海道根室高等学校)
昭和11年 高橋掬太郎氏作詞の「愛のグラス」でデビュー。
昭和12年 コロムビアレコードから専属の要請を受けて上京し、池内友次郎氏に作曲法を、山田和男氏に指揮法を学ぶ。
昭和17年 キングレコード専属。サトウハチロウ作詞「点数の歌」を作曲。
昭和19年 内閣情報局制定、佐久良東雄作詞「天皇に仕えまつれど」を作曲(愛国百人一首)
昭和21年 高橋掬太郎作詞、岡晴夫歌、「啼くな小鳩よ」を発表
昭和26年 若杉雄太郎作詞「東京パラダイス」を作曲。
昭和31年 高橋掬太郎作詞、大津美子歌、「ここに幸あり」を発表し、ヒット曲になる。
昭和38年 内閣総理大臣賞受賞曲・国民の歌「若い日本」を発表。東京オリンピック「海を越えて友よ来たれ」を発表。管弦楽「バリ島組曲」(東洋の幻想)をNHK第3回音楽祭で発表
昭和39年 8月1日、市歌「根室市の歌」制定発表会が行われる。8月、釧路市公民館前庭に国民の歌「若い日本」音楽碑を建立。
昭和40年 管弦楽「北海道組曲」を発表。
昭和43年 根室開基100年を記念して、田塚源太郎作詞・交響組曲「北国讃歌」を作曲。
昭和48年 ミサ曲が認められ、ローマ法王庁より褒状を授与される。
昭和60年 8月、市役所前庭に於いて、故高橋掬太郎氏・飯田三郎氏の顕彰碑「ここに幸あり」音楽碑を建立し序幕式を行う。
平成5年 根室市総合文化会館落成記念、北国からの交響的序曲「21世紀へのメッセージ」を発表。
平成11年 故茂木幹さんの遺作を展示した私設美術館「慟哭の森美術館」(根室市明治町2-67)に茂木さんへの鎮魂歌「無言歌」などピアノ小曲6曲を作曲し贈呈。

展示コーナー

略歴(プロフィール)

タペストリー(シルク印刷)

展示資料名

  • 指揮をとっている先生の写真
  • 略歴

年譜

壁面印刷

展示資料名
先生の生い立ち及び功績(作品名)

  • 写真印刷
  • 作曲年譜 815曲(歌謡曲614曲、映画音楽79曲、管弦楽23曲、校歌24曲、地方歌50曲、社歌25曲)
飯田三郎資料展示室の室内画像

北国讃歌

タペストリー(シルク印刷)

展示資料名

  • 「北国讃歌」の第一楽章から第五楽章の楽譜
  • 「北国讃歌」に寄せて~「北国讃歌」始末記より抜粋
  • 第五楽章歌詞

展示ケース

展示資料名

  • 「北国讃歌」の楽譜、序曲の一部(直筆) A3版1枚
  • 「北国讃歌」のジャケット 1枚
  • 第1回(昭和45年)北海道芸術祭参加記念品
  • 第1回北海道芸術祭プログラム
  • 第1回北海道芸術祭参加作品「北国讃歌」に寄せる横田市長のご挨拶及び飯田三郎氏のメッセージ
  • 春国岱駐車場からの風景(飯田三郎氏作の絵画)

ここに幸あり

タペストリー(シルク印刷)

展示資料名

  • 「ここに幸あり」の全楽譜及び歌詞
  • 「ここに幸あり」の思い出と感想(飯田三郎氏)

展示ケース

展示資料名

  • 「ここに幸あり」直筆楽譜 A4版1枚
  • EPレコード 1枚
  • 大津美子サイン 1枚
  • 飯田三郎直筆句 1枚
  • 「ここに幸あり」高橋掬太郎氏色紙(複本)
  • 高橋掬太郎氏作詞ノート(複本)
  • 高橋掬太郎氏と大津美子氏の写真
展示ケース(ここに幸あり)の画像

ふるさと根室の歌

タペストリー(シルク印刷)

展示資料名

  • 根室の歌
    21世紀へのメッセージ、千島望郷、国境の船唄、ノサップ岬、新根室小唄、北国の詩、新根室音頭、なつかしい根室、風蓮湖、讃歌ふるさとねむろ、流氷原、千島慕情、市歌根室市の歌、根室行進曲、交響組曲北国讃歌、根室太鼓、根室港音頭、子供盆踊り、合唱組曲大いなる海、春はまたくる、根室漁民の唄根室っ子、仮寝する、祖にささぐ、新民謡根室出漁祝甚句
  • 校歌
    根室高等学校、根室市立啓雲中学校、同光洋中学校、同幌茂尻小学校、同成央小学校、私立根室カトリック幼稚園園歌、釧路星園高等学校、釧路市立清明小学校、釧路カトリック教会黒金幼稚園園歌、
  • 地方歌
    まりも太鼓、蝦夷太鼓、標津小唄、石川啄木歌、丹頂づる音頭、札幌音頭、厚岸音頭、北海道組曲、阿寒への讃歌、昆布森たこ踊り、中標津町歌、鶴居村歌、浜中町歌、白糠町歌

展示ケース(レコード)

展示資料名

市歌根室市の歌、讃歌「ふるさと根室」、大いなる海、春はまたくる、根室盆歌(根室女工節)、根室港音頭・新根室音頭、根室女工節(北海数え唄)、ふるさとの歌(CD)、21世紀へのメッセージ(CD

展示ケース(根室市ゆかりの曲)の画像

代表作資料

展示ケース

展示資料名

  • おどる万国旗(ジャケット)
  • 星をみつめて(SPレコード)
  • 裏窓のブルース(ジャケット)
  • 男ぢゃないか取的さん(ジャケット)
  • 直侍(ジャケット)
  • 啼くな小鳩よ(SPレコード)
  • ヨコハマブルース(SPレコード)
  • ライトミュージック(ジャケット)
  • 戦線のど自慢(SPレコード)
  • 交響組曲「北海道」(LPレコード3点)
  • 愛用のカメラ
  • その他パンフレット等
代表作資料の画像

愛用品展示

展示ケース

展示資料名

  • 賞状 内閣総理大臣賞
  • 褒状 ローマ法王庁
  • 愛用の指揮棒
この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会 総合文化会館

〒087-0006
北海道根室市曙町1丁目40番地

電話番号:0153-24-3188 ファックス:0153-23-6172

総合文化会館へのお問い合わせはこちら

更新日:2019年07月08日