令和元年度11月号(8020ハチマル・ニイマル運動を知っていますか?) 保健だより

保健だより 令和元年11月号原稿

8020(ハチマル・ニイマル)運動を知っていますか?
8020運動とは、「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」と謳われている運動のことです。20本以上の歯があれば、食生活にほぼ満足できると言われています。自分の歯でよく噛むことで健康につながり、生活の質が高まります。このように、歯の健康は全身の健康につながっています。
根室市では、歯肉炎・歯周疾患での受診件数が多い状況で、40代以降から50代前半では受診件数が第1位となっています。(※病類別疾病分類表令和元年5月診療分)
歯を失う原因の多くは、虫歯と歯周病で占められています。
いつまでも美味しく食べ続けるための元気な歯は日々の手入れはもちろん、規則正しい生活習慣、定期的な歯科受診が大切です。自分の歯で噛む力を維持していると栄養の吸収が良くなるだけでなく、脳が活性化されたり、体力が高まったります。からだに活力があふれ、気持ちが元気になり、生活に積極性がでて、表情も豊かになります。また、一生自分の歯で食べ、豊かに暮らすためには乳幼児期から健康な歯を育てる生活習慣を身につけることも重要です。

hamigaki
この記事に関するお問い合わせ先

市民福祉部保健課

〒087-8711
北海道根室市常盤町2丁目27番地
根室市役所 1階
電話番号:0153-23-6111(代表) ファックス:0153-24-8692

保健課へのお問い合わせはこちら


更新日:2020年03月24日