平成30年度 保健だより 12月号(プラス10分の運動を)

 寒い季節はついつい身体を動かすのがおっくうになりがちですが、運動不足の状態が続くと体力や筋肉が衰え、身体も硬くなります。そうすると、関節や体調に様々な不調がおこりやすくなります。体調や体力に合わせて無理せず、まずはいつもより10分多く動くことを意識してみませんか。
 今回はすきま時間に取り組めるストレッチングの一部をご紹介します。ストレッチングは身体の柔軟性を高め、血行を促し、よい姿勢の保持や疲労防止、心身のリラックスに効果的です。仕事の合間や入浴後などにいかがですか。 

            
ポイント!

・はずみをつけずにゆっくり伸ばす。      ・痛くなく気持ち良い程度に伸ばす。
・呼吸を止めずに20秒程度伸ばし続ける。 ・伸ばしているところを意識する。

痛みを我慢して無理に伸ばすとかえって筋肉等を傷める場合がありますので気をつけましょう。
続けると、姿勢が良くなったり、動きが楽になったりなど何かしらの効果が期待できます。

 

1. 胸:腰の下に手を当て両肘をゆっくり近づけていきます。

2.ふくらはぎ:前後に足を開き後側のかかとを床につけたまゆっくり前側の膝を曲げる

3.太ももの裏:椅子に座り片方の脚をまっすぐ伸ばします。背中を丸めずゆっくり前に倒します。

この記事に関するお問い合わせ先

市民福祉部保健課

〒087-8711
北海道根室市常盤町2丁目27番地
根室市役所 1階
電話番号:0153-23-6111(代表) ファックス:0153-24-8692

保健課へのお問い合わせはこちら


更新日:2018年11月26日