ヘルプマーク及びヘルプカードについて

ヘルプマークとは

 義足や人工関節を使用している方、内部障がいや難病の方、または妊娠初期の方など「外見から分からなくても援助や配慮を必要としている」方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助が得やすくなるように作成したマークです。

ヘルプマーク画像

ヘルプカードとは

 障がいのある方が困ったときに助けを求めるためのもので、「手助けが必要な人」と「手助けできる人」を結ぶカードです。
 普段持ち歩くことにより、災害時や緊急時など、周囲の人に手助けを求めたい時などに、手助けを求めることができます。

ヘルプカードイメージイラスト

配布開始日

平成29年11月1日(水曜日)

配布対象

障がいのある方、難病や及び妊娠初期の方など、外見からは援助や配慮を必要としていることが分かりにくい方で、配布を希望する方

配布場所

  • 社会福祉課福祉担当窓口(窓口19番)
  • 保健課健康推進担当窓口(窓口8番)

配布にあたってのお願い

  • 上記窓口または、郵送にて無料配布いたしますが、対応できない場合もありますので御了承下さい。
  • ヘルプマークの配布個数は、利用者1人につき1個とします。
  • 窓口での障がい者手帳等の提示は不要です。
  • ヘルプカードは窓口での配布のほか、下記からダウンロードし、ご自身で印刷することもできますので、ご活用ください。  

市民の皆様へのお願い

 ヘルプマーク・ヘルプカードをお持ちの方を見かけた場合は、バス内や待合の際に席を譲る、困っているようであれば声をかけるなどの、思いやりのある行動をお願いいたします。

この記事に関するお問い合わせ先

市民福祉部 社会福祉課

〒087-8711
北海道根室市常盤町2丁目27番地
根室市役所 1階
電話番号:0153-23-6111(代表) ファックス:0153-29-2266

社会福祉課へのお問い合わせはこちら


「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2018年03月01日