医療制度

自立支援医療(更生医療)(18歳以上)・自立支援医療(育成医療)(18歳未満)の給付

 身体障害者(児)が、障害の程度の軽減、除去あるいは進行を防ぎ、日常生活の便宜を図るための医療費の給付を受けることができます。人工関節置換術・ペースメーカー埋め込み術・人工透析等の医療があり、申請者の所属する世帯の税額に応じて自己負担があります。

重度心身障害者医療費の助成

 心身に障害のある方の保険診療の自己負担分(ただし、入院食事療養費を除く)を助成します。対象は、障害程度1・2級の身体障害者、3級の内部障害者(心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸、免疫機能障害)、療育手帳A(重度の知的障害者)、精神障害者保健福祉手帳1級(入院医療は対象外)の方です。
 ただし、所得により助成の制限があります。

自立支援医療(精神通院)の給付

 精神障害者の通院医療に要する経費の9割が各種保険制度と公費で負担されます。公費負担を受ける場合は、医師の診断書を添付の上、申請書を提出してください。

この記事に関するお問い合わせ先

市民福祉部 社会福祉課

〒087-8711
北海道根室市常盤町2丁目27番地
根室市役所 1階
電話番号:0153-23-6111(代表) ファックス:0153-29-2266

社会福祉課へのお問い合わせはこちら


更新日:2018年03月01日