スプレー缶等による火災にご注意を!!

平成30年12月16日、札幌市豊平区で発生した爆発火災では、飲食店や不動産業者等が入居する2階建ての建物が炎上、倒壊しました。この爆発火災により50名以上の負傷者が発生し、付近の建物が損壊するなど、大きな被害が出ています。この火災の原因は、スプレー缶のガス抜き作業中に発生したと報道されており、現在、消防、警察において原因調査中です。

スプレー缶による火災や事故は、使用中に引火して起こる火災、ガス抜き中に引火して起こる火災、ストーブの前に置いたため熱せられて爆発する事故、スプレー缶を誤って焼却したため破裂する事故など様々な状況下で発生しています。

スプレー缶を使用する際、廃棄する際は次の事項に注意しましょう。

スプレー缶

1.使用・保管時の注意

・スプレー缶に記載された使用方法、使用上の注意をよく読む。

・炎や火気の近くで使用しない。

・狭い空間や密閉された空間での使用を控える。

・直射日光の当たる場所やストーブの近くなど高温となる場所で保管しない。

 

2.廃棄時の注意

・スプレー缶等のガスを抜く場合は、火気がなく、風通しの良い場所で行う。

・最後まで使い切るなど缶がカラになっているか確認する。

・使用後は各自治体の指定する方法により廃棄してください。

関連記事

スプレー缶1
すぷれー
この記事に関するお問い合わせ先

根室市消防本部

〒087-0028
北海道根室市大正町1丁目30番地

電話番号:0153-24-3164 ファックス:0153-23-6211

消防本部へのお問い合わせはこちら

更新日:2018年12月28日