ガスこんろからの火災に注意しましょう

 ガスこんろは、日常の生活には欠かせないものですが、毎年火災原因の上位を占めており、そのほとんどが、使用者の不注意により出火しております。

ガスこんろ火災とは?

  • 魚焼きグリルに付着した油かすなどに火がついて出火した。
  • 調理中に鍋をかけたまま、電話や来客等でその場を離れたため油が過熱し出火した。
  • 着ている衣服に炎が燃え移ってしまった。
  • ガスこんろ周囲に置いていたふきん等に火が燃え移ってしまった。

ガスこんろ火災の対策!

  • 料理中は、その場から離れないようにしましょう。
  • こんろの周りには燃えやすい物を置かないようにしましょう。
  • 魚焼きグリルはこまめに清掃しましょう。
  • 取扱説明書を読み、正しく使用しましょう。
  • 過熱防止装置などの安全装置が附属されたこんろを使用しましょう。
  • 台所には、消火器や住宅用火災警報器(熱式)を設置しましょう。
ガスこんろ火災のイラスト1
ガスこんろ火災のイラスト2
この記事に関するお問い合わせ先

根室市消防本部

〒087-0028
北海道根室市大正町1丁目30番地

電話番号:0153-24-3164 ファックス:0153-23-6211

消防本部へのお問い合わせはこちら

更新日:2018年03月06日