薪ストーブによる火災にご注意

薪ストーブによる火災を防ごう

寒い季節に活躍する薪ストーブですが、長期間の使用により煙突内に煤や木タールが付着する場合があります。

清掃をせずに使用を続けると、煙突内が狭くなり煙がスムーズに排出されないばかりか、最悪の場合は、煙突内の煤に火が移って火災を起こす危険性があります。

最近、根室市においても同じような事例が相次でおります。

エコ等で関心が高まり注目されている薪ストーブですが、ちょっとした不注意や取扱いが火災の原因となります。

火災を未然に防ぐように正しい知識を持ち、安全に使用するため次のことを心がけましょう。

 

煤・タールのつまりに注意

1 点検・清掃をこまめに行いましょう

 ・煙突内に煤やタールが溜まっている と、引火し火災の原因になることがあります。

 ・機器の点検や煙突などの清掃をこまめに行いましょう。

2 周囲に燃えるものを置かないようにし ましょう

 ・ 薪ストーブの周囲で洗濯物を乾かしたり、燃えやすいものを置かないようにしましょう。

3 乾燥した薪を使用しましょう

 ・ 湿った薪を使用すると、煤やタールが多く発生し煙突内に溜まりやすくなります 。

 ・ 十分に乾燥した薪を使用しましょう。

4 決められた燃料以外は使用しないようにしましょう

 ・ 決められた燃料以外を使用すると、火災発生の原因となります。

 ・ 特にガソリンなどの可燃性の強い燃料を使用することは、大変危険です。

5 灰の処理は正しく行いましょう

 ・ ごみ箱などに入れると残り火で火災となる危険があります。

 ・ 完全に火が消えたのを確認し、ふたのある不燃性の取灰入れに入れて処理しましょう。

6 もしものときに備えて

 ・ もしものときに備えて、消火器や水バケツなどを準備しておきましょう。

7 設置する時は専門業者に相談しましょう

 ・ 薪ストーブを設置する場合は、知識のある専門業者に相談するようにしましょう。

薪ストーブ

煙突内はこまめに清掃しましょう。

 

 

 

 

この記事に関するお問い合わせ先

根室市消防本部

〒087-0028
北海道根室市大正町1丁目30番地

電話番号:0153-24-3164 ファックス:0153-23-6211

消防本部へのお問い合わせはこちら

更新日:2018年03月06日