ホテル・旅館等への「表示制度」が始まりました

防火対象物に係る表示制度とは

 平成24年5月に発生した広島県福山市のホテル火災を受け、ホテル、旅館等の火災被害の拡大対策の一環として、今年度から「防火対象物に係る表示制度」が始まります。
当本部では平成26年10月1日から受付・審査を開始しております。
 この制度は、ホテル・旅館等の関係者からの申請に基づき、消防機関が審査した結果、消防法令のほか、防火安全上重要な建築設備等に関する基準に適合していると認められた建物に対して、消防機関から交付される「表示マーク」を掲出できる制度です。
 表示マークは、利用者が防火上安全なホテル・旅館を選ぶ目安となり、また、事業者による自発的な防火体制が確立されることを目的としています。
 この制度により、当本部ではホテル・旅館等の利用者に対して、防火安全に関する情報提供をしていきます。

表示制度のイラスト

表示マークの種類

表示マーク「銀」
消防機関による審査の結果、表示基準に適合していると認められる場合(有効期限1年)

表示マーク「金」
3年間継続して表示基準に適合していると認められる場合(有効期限3年)

対象となる対象物

収容人員30人以上及び防火対象物の地階を除く階数が3以上のホテル・旅館等

申請書は下記です

対象とならない対象物

 収容人員30人未満又は2階以下の対象物になりますが、関係者からの申請に基づき審査等を行い、防火に関する基準に適合している場合は「表示制度対象外施設通知書」により防火に関する基準に適合している旨を関係者に通知します。

申請書は下記です

この記事に関するお問い合わせ先

根室市消防本部

〒087-0028
北海道根室市大正町1丁目30番地

電話番号:0153-24-3164 ファックス:0153-23-6211

消防本部へのお問い合わせはこちら

更新日:2018年03月01日