軽自動車税の改正

令和元年10月1日より自動車取得税が廃止され、環境性能割が導入されます

令和元年10月1日より自動車取得税が廃止され、環境性能割が導入されます。新車、中古車を問わず購入価格が50万円を超える軽自動車に対して下記の税率に応じて課税されます。

環境性能割の税率
種類 排出ガス基準 燃費基準 税率

自家用

※注2

営業用
電気自動車、燃料電池車、プラグインハイブリッド車、天然ガス車、クリーンディーゼル乗用車 非課税 非課税
乗用車

★★★★

※注1

令和2年度燃費基準+10・20・30・40%達成 非課税 非課税
令和2年度燃費基準達成 1% 0.5%
平成27年度燃費基準+10%達成 2% 1%
上記に該当しないもの 2% 2%
貨物車 ★★★★ 平成27年度燃費基準+20・25%達成 非課税 非課税
平成27年度燃費基準+15%達成 1% 0.5%
平成27年度燃費基準+10%達成 2% 1%
上記に該当しないもの 2% 2%
上記に該当しないもの 2% 2%

注1 ★★★★平成30年排出ガス基準50%低減または平成17年排出ガス基準75%以上低減達成車

注2 令和元年10月~令和3年3月までに購入された自家用乗用車は標記の税率から1%軽減されます。

現行の軽自動車税の名称が「種別割」と変更されます

令和元年10月1日より現行の軽自動車税の名称が「種別割」と変更されます。税率につきましては、現行の軽自動車税と変更はありません。

更新日:2020年08月27日