国庫補助事業の事前評価とは

1.国庫補助事業の事前評価とは

 平成16年7月から、厚生労働省所管の国庫補助を受けて実施する水道施設整備事業は、補助要望を行なう前に事前評価を実施することが必要となりました。この事前評価の実施にあたっては、事業費10億円以上のものは厚生労働省、事業費10億円未満のものは、補助を受ける水道事業者が行い、その評価結果を公開します。
 事前評価では、事業の必要性、効率性及び有効性等を判断することを目的とし、新技術の活用、コスト縮減、代替案立案等の可能性、事業の必要性、計画の適切性等を踏まえ、費用対効果等の検討を各事業ごとに行います。また、評価にあたっては専門的かつ公平な意見が必要となることから、「学識経験者等の第三者」からの意見聴取が義務付けられています。

2.平成20年度水道事業の事前評価について

 水道事業では平成21年度に新たに国庫補助要望を行う、ライフライン機能強化等事業(緊急時給水拠点確保等事業)について事前評価を行いました。
(1)実施日 平成20年12月11日(木曜日)
(2)学識経験者等の第三者評価機関 根室市水道事業及び下水道事業運営委員会
(3)実施結果と上水道事業の対応
 事前評価の結果、本事業は地震などの災害時においても飲用水を確保されることに加え、費用対便益分析では便益が費用を上回る結果が出ていることなど、事業効果があることが確認されました。また、第三者評価機関からも、事業の必要性について『実施は妥当である』との評価を頂きました。この結果を受けて、水道事業では工事の早期着工・完成に向けて取り組んでまいります。
(4)緊急時給水拠点確保等事業 事前評価概要調書 ご覧になるには下記リンクをクリックしてください

(5)第三者評価機関による事前評価の議事概要 ご覧になるには下記リンクをクリックしてください

この記事に関するお問い合わせ先

建設水道部 水道課

〒087-8711
北海道根室市常盤町2丁目27番地
根室市役所 地下1階
電話番号:0153-23-6111(代表) ファックス:0153-24-8692

水道課へのお問い合わせはこちら


更新日:2018年03月01日