ニムオロ原野NEWS

Vol.21

2005.12.13 発行

ニムオロ原野NEWSとは?

1994年4月に発行を開始したニムオロ原野NEWSは今年で6年目を迎え、発行回数21回を数えました。発行当初は毎月の発行を目指した?ものの現在では年に2・3回程度の発行となっています。
風蓮湖自然体験学校を卒業された方々にお届けしておりますが、現在ではその卒業生も149人となりました。風蓮湖自然体験学校のほか、卒業生を対象にした夏のキャンプを開催し、仲間も年々増えております。
本紙面では根室情報の発信のほか、皆さんの交流の場となればと思いますので、ご意見やご提言もお待ちしております。

 目 次
夏の自然体験 報告 1
ラムサール条約に登録される 2
バードウォッチングガイド講習会 2
自然体験学校 参加者募集 3
ホームページ更新中 3
編集後記 4
 今年で7回目を迎えた「根室半島夏の自然体験」に3名が参加。9月23日〜25日の3日間、根室の大自然を満喫していただきました。
 23日(金)。全員が観光インフォメーションセンターに集合、早速「根室乗馬クラブ」へ出発しました。小雨の降る肌寒い天候の中、乗馬体験スタート。参加者の中には、乗馬ライセンスを持つ凄腕の方も。軽々と馬を乗りこなす姿はさすが!
 その後「新茶屋お母婆」にて、鹿角クラフト作製。苦戦しながらも綺麗な指輪を作ることができました。
 この日の夕食は、根室名物エスカロップ。サンマの刺身をつまみに深夜までのんびりと語らい合い楽しい時間を過ごすことができました。
 24日(土)。早起きして海釣り体験。

根室半島の大自然を満喫!

釣果は見事1本!(突然波間から砂浜に打ち上げられたサケを拾った!)結果はともあれ無事食事にありつけました。
 午後からは酪農体験。「AB-MOBIT」の指導のもと、乳牛についての学習から始まり、バター作りに搾乳、ソーセージ作り、そば打ちを行いました。ソーセージもそばも美味しくできましたよ。
 24日(日)。最終日は「ねむろ自然ガイド・ラクル」のガイドで春国岱トレッキング。しかし、早朝に春国岱にて熊出没!途中で引き返す結果となりました。春国岱で熊が目撃されたのは、約5年ぶりの出来事とのこと。
 ダイナミックな北海道を体験できた、2泊3日の根室半島自然体験でした。

 
※プログラムの詳細は、こちらをご覧下さい。
   2005根室半島・夏の体験

Page 1