根室見所情報室

☆明治公園☆

 「明治公園」は昭和63年「北海道街づくり100選」に【サイロの公園】として選ばれました。現在、明治公園には大きなサイロが3つ建っていて牧場的な風景になっています。
 この土地は明治8年に国立の「開拓使根室牧畜場」として設立されたのが最初で、函館の「田園牧場」に次ぐ北海道で2番目の牧場として栄えました。
 
 5月下旬になるとタンポポ(セイヨウタンポポ・シコタンタンポポ)が咲き始め、園内は黄色一色に染まります。

 また、平成18年10月、「根室十景:明治公園」は、地域に個性や魅力をもたらす優れた公園として、都市公園法施行50周年記念事業実行委員会が実施した「日本の歴史公園百選」に選ばれました。

☆明治公園のサイロ☆

 明治公園の巨大なサイロは1932年に1基、36年に2基建設されレンガ積みのサイロとしては国内最大級の規模を誇り、また、国内2番目に古い歴史を持っており、平成13年に国の有形文化財に登録され、以前『明治バター』のラベルに使われたこともありました。
 
 明治公園は市民の憩いの場として、散策やレクリエーション活動に利用されており、クリスマスには、市民イベントサークルによるイベントの中でサイロがライトアップされるなど幻想的な世界に包まれます。

 平成19年12月に経済産業省が選考した近代化産業遺産に、「明治公園のサイロ」が認定されました。

商工観光課のページへ