本土四極市町連携交流

本土四極市町連携交流

国内(北海道、本州、四国、九州、島しょ部除く)の東西南北の最端に位置する稚内市、根室市(北海道)、佐世保市(長崎県)、南大隅町(鹿児島県)とで交流する「四極交流」が再開されました。

「日本本土四極」とは、観光PRの一環として、島しょ部を除く、北海道の北端である稚内市、東端の根室市、九州の西端の長崎県佐世保市(旧小佐々町)、南端の鹿児島県南大隅町(旧佐多町)で、平成3年5月3日に「四極交流盟約書」を締結し、開催地など持ち回りで首長や子供の交流会などを企画してきました。その後、市町村合併などの影響により、平成11年を境に活動が途絶えていたが、平成24年に南大隅町の森田町長の呼びかけによって、平成25年6月に各自治体の首長による会合が開催され、様々な交流を進めていくことを確認されました。

本土四極市町連携PRキックオフミーティングの写真
本土四極市町連携交流の写真

本土四極市町連携PRキックオフミーティングの様子(平成25年6月5日 東京にて)

四極連携交流自治体の紹介

【最東端】根室市(北海道)

根室市市章の画像

 日本列島本土最東端に位置する根室市。太平洋とオホーツク海に面し、特産の「花咲がに」や、何度も水揚げ日本一になっている「さんま」など、豊かな漁場を持つまちです。
 また、ラムサール条約登録湿地の風蓮湖・春国岱は、四季を通じてさまざまな自然を体験でき、バードウォッチングの聖地とも呼ばれています。

日の出の写真

納沙布岬の日の出

【最西端】佐世保市(長崎県)

佐世保市市章の画像

 島しょを除く日本本土最西端に位置する佐世保市は、九州の長崎県北部に位置する、県内で2番目に大きな都市です。
 代表的な観光地として、大小208の島々が織りなす風景が美しい西海国立公園「九十九島(くじゅうくしま)」や、ハウステンボスがあります。
 また、旧海軍の軍港として栄え、戦後は米海軍基地がある街として発展してきたことから、佐世保バーガーや外国人バーなど、アメリカンテイストを感じられる港まちです。

日本最西端の地モニュメントの写真

本土最西端のモニュメント 

【最南端】南大隅町(鹿児島県)

南大隅町マークの画像

 本土最南端佐多岬を有する鹿児島県南大隅町は、北緯31度線上に位置し、太平洋、東シナ海、鹿児島湾に面し、大隅半島先端部の雄大なロケーションを感じていただけます。
 霧島錦江湾国立公園に位置し、海に沿って急斜面の山々が迫り、対岸の開聞岳(薩摩富士)や渓谷、雄川の滝など、美しい自然の風景がそのまま残っています。
 南国情緒豊かで、自然あふれ、子や孫と一緒に暮らせる南大隅町にぜひ、お越しください。

佐多岬の写真

佐多岬

【最北端】稚内市(北海道)

稚内マークの画像

日本最北端に位置する稚内市は、宗谷海峡をはさんで東はオホーツク海、西は日本海に面し、宗谷岬からわずか43キロメートルの地にサハリン(旧樺太)の島影を望む国境の街。
 「水産」・「酪農」・「観光」を基幹産業とする宗谷地方の行政、経済の中心地です。稚内と交流の盛んなお隣の国、ロシア連邦サハリン州はじめとする北方圏諸国への玄関口としても知られています。

日本最北端の地の碑の写真

宗谷岬(日本最北端の地の碑)

この記事に関するお問い合わせ先

総務部 総務課

〒087-8711
北海道根室市常盤町2丁目27番地
根室市役所 2階
電話番号:0153-23-6111(代表) ファックス:0153-24-8692

総務課へのお問い合わせはこちら

更新日:2018年03月01日