平成30年度課税の根拠について

課税の根拠について(平成30年度)

国民健康保険税は、毎年4月1日を賦課期日として、根室市国民健康保険税条例に基づいて、世帯主(擬制世帯主を除く)及びその世帯に属する国民健康保険の被保険者につき算定した医療保険分及び後期高齢者支援金分税額、並びに当該世帯主及びその世帯に属する国民健康保険被保険者のうち、介護保険2号被保険者(40歳以上65歳未満)につき算定した介護保険分税額を合算し、納税義務者に課税いたします。(賦課期日後に納税義務が発生した場合は、発生した日から月割りで算定)

国民健康保険税を表した表
区  分 医療保険分 後期高齢者 支援金分 介護保険分 内  容

所得割税率
9.07% 2.95% 1.90% 被保険者全員の前年中所得で算出する保険税額

均等割額
25,500円 8,300円 11,600円 被保険者1人ずつにかかる保険税額

平等割額
27,600円 9,000円 6,400円 1世帯当りにかかる保険税額
限度額 580,000円    190,000円 160,000円 医療分・支援分・介護保険分のそれぞれ算出された税額が限度額を超えたときは、限度額が保険税額となります。

国民健康保険税は、上記の項目によって算定し、この合計額を各世帯で負担していただきます。

介護保険分をお支払いいただくのは、国民健康保険に加入している40歳から64歳までの方(40歳の誕生月から65歳の誕生月前月までの間)です。

保険税の減額について

 世帯主及びその世帯に属する被保険者の所得金額の合計が一定額を超えない世帯については、下記のいずれかの減額措置がされます。
 (65歳以上の方で公的年金を受けている場合は、年金収入額から公的年金等控除額及び15万円控除した額が軽減判定所得となります。

減額される金額

減額割合

7割減額

所得の合計が【33万円以下】世帯

7割減額される場合の金額を表した表
減額対象項目     医療保険分 後期高齢者 
支援金分
介護保険分
均等割額 18,270円 5,810円 6,300円
平等割額 19,810円 6,300円 3,500円
5割減額

所得の合計が【33万円+被保険者1人(特定同一世帯所属者を含む)につき27万5千円を加えた金額以下】世帯

5割減額される場合の金額を表した表
減額対象項目 医療保険分 後期高齢者 
支援金分
介護保険分
均等割額 13,050円 4,150円 4,500円
平等割額 14,150円 4,500円 2,500円
2割減額

所得の合計が【33万円+被保険者1人(特定同一世帯所属者を含む)につき50万円を加えた金額以下】世帯

2割減額される場合の金額を表した表
減額対象項目 医療保険分 後期高齢者 
支援金分
介護保険分
均等割額 5,220円 1,660円 1,800円
平等割額 5,660円 1,800円 1,000円

平等割額(1世帯につきかかる税額)
均等割額(被保険者1名につきかかる税額

この記事に関するお問い合わせ先

市民福祉部 保健課

〒087-8711
北海道根室市常盤町2丁目27番地
根室市役所 1階
電話番号:0153-23-6111(代表) ファックス:0153-24-8692

保健課へのお問い合わせはこちら


更新日:2018年05月21日