個人住民税の年金からの特別徴収

年金特別徴収とは

平成21年10月より、公的年金支給時に住民税を特別徴収(年金から引き落とし)する制度が始まりました。これにより、納付のために金融機関等の窓口に出向いていただく必要がなくなります。

住民税の年金からの引き落とし(特別徴収)の導入は、納付方法を変更するものであり、この制度により新たに税負担が生じるものではありません。

特別徴収の対象となる方

次の項目にすべて該当する方は、年金特徴の対象となります。

  • 当該年度の4月1日時点で、65歳以上の方
  • 当該年度の1月1日以降、根室市に住所のある方
  • 公的年金所得にかかる住民税が課税されている方
  • 老齢基礎年金の額が18万円以上の方
  • 介護保険料が公的年金等から引き落としされている方  

なお、特別徴収開始後、公的年金からの税額の変更、年金の支給停止、市外への転出などが生じた場合は、公的年金からの特別徴収が中止となり、残りの税額は普通徴収の方法により納めていただくことになります。

特別徴収の対象となる年金

特別徴収の対象となる年金は、老齢基礎年金、退職年金等です。障害年金及び遺族年金などの非課税年金からは、住民税の引き落としはありません。

特別徴収の対象となる税額

公的年金等の所得額から計算された住民税のみが対象となります。したがって、公的年金等以外の所得(給与所得、不動産所得など)から計算された住民税の徴収方法については、従来どおり納付書(給与特徴されている方は、給与から引き落とし)で納めていただくことになります。

特別徴収の方法

(例)住民税の年税額が60,000円(年金所得のみ)の場合

新たに特別徴収になる年度
年金支給月 4月     6月 8月 10月 12月 2月
算出方法 年税額1/4 年税額1/4 年税額1/4 年税額1/6 年税額1/6 年税額1/6
税額 15,000円 15,000円 10,000円 10,000円 10,000円
  • 徴収方法は、4月・6月・8月が納付書(普通徴収)、10月・12月・2月が年金から引き落とし(特別徴収)となります。
  • 6月と8月:年税額の1/4ずつをこれまでどおり納付書で納めていただきます。
  • 10月・12月・2月:年税額の1/6ずつを引き落とします。
特別徴収となった年度の翌年度以降
年金支給月 4月 6月 8月 10月 12月 2月
算出方法 前年度2月と同じ額  仮徴収 今年度の年税額の残りの1/3ずつ
税額 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円
  • 徴収方法(4月・6月・8月・10月・12月・2月)は、年金から引き落とし(特別徴収)となります。
  • 4月・6月・8月は、前年度の2月の税額と同様の額を引き落とします。
  • 10月・12月・2月は、年税額から4月・6月・8月の税額を差し引いた残りの税額を引き落とします。

仮徴収とは

住民税額は前年の所得をもとに毎年6月に決定します(普通徴収の場合)。このため4月・6月・8月分の徴収については、2月分と同額の徴収となります。これを仮徴収といいます。

そして、税額が決定した後に仮徴収合計額との差額を10月・12月・2月の公的年金から3回に分けて徴収することになります。これを本徴収といいます。

なお、新年度の公的年金からの特別徴収税額が、徴収済の仮徴収の合計額に満たない場合は、その差額分が還付されます。 

リーフレット

この記事に関するお問い合わせ先

総務部 税務課

〒087-8711
北海道根室市常盤町2丁目27番地
根室市役所 1階
電話番号:0153-23-6111(代表) ファックス:0153-24-8692

税務課へのお問い合わせはこちら

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記の「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロードボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

更新日:2018年03月01日