介護保険制度

超高齢社会到来

 我が国は、すでに世界一の長寿命社会を実現し、本格的な高齢社会へと突入しています。全人口に占める65歳以上の高齢者の割合は、世界に例をみないスピードで高くなり、根室市でも平成26年度末で、高齢化率30%を超えています。

高齢社会のテーマ「介護」

 今後、高齢化が進み、寝たきりや認知症の高齢者が急速に増えることが見込まれています。
 また、介護が必要な期間が長期化したり、介護する家族の高齢化から、家族介護では十分な対応が困難となってきており、介護の問題は、老後生活における最大の不安要因となっております。

介護を社会全体で支える制度です

 高齢者が心身の衰えから介護が必要になったとき、できるだけ自立した生活が送れるよう必要な介護サービスを選択・利用していただき、要介護者とその家族を社会全体で支えていくものです。介護が必要となったときに認定を受け、介護計画に基づいて介護サービスを利用することができます。その費用については、利用者が1割又は2割を負担し、残りは保険料と国や道、市などの公費でまかないます。

 

 

更新日:2018年05月25日