根室市と北方領土

納沙布岬上空からの景色

はじめに

北方領土とは、根室市納沙布沖につらなる歯舞群島、色丹島、国後島、択捉島の四つの島のことをいいます。これらの島々は、私たちの父祖が開拓し、いまだかつて一度も外国の領土になったことがない我が国固有の領土です。しかし、終戦直後にソ連軍により、北方領土は不法占拠され、島民は島を追われ、この状態はソ連が崩壊しロシアとなった現在も続いています。

返還運動の始まり

返還運動の始まりは、終戦の年の1945年12月1日に、当時の根室町長 安藤石典を中心に、漁民代表、四島から脱出した島民の代表が連合軍最高司令官マッカーサー元帥に対して、陳情要請したのがこの運動の始まりです。

陳情の内容は、「歯舞群島・色丹島・国後島・択捉島は、日本固有の領土であり、”ポツダム宣言”を忠実に履行する上からも、アメリカ軍の保証占領下に置いて、島民が安心して生業に付けるようにしてほしい」と言う内容であり、この時から「四つの島」の返還を目指し、現在まで続く北方領土返還運動の礎となっています。

根室市の北方領土返還要求運動への取り組み

北方領土返還要求運動の原点の地である「根室市」は、北方四島が日本固有の領土であるという「歴史的」「国際法的」根拠に基づき、1945年12月以来今日まで休むことなく国民の先頭に立って返還運動を続けています。

【現在までの主な啓発活動】

  • 啓発資料の作成・配布
  • 啓発施設の設置
  • 市民への協力要請
  • 返還を求める署名活動
  • キャラバン隊の道内外への派遣
  • 北方領土教育の推進
  • 北方領土啓発イベントの開催

現在の状況

戦後70年以上の歳月が過ぎ、終戦当時17,291人の元島民も現在は6,200人を割り、平均年齢は80歳を超え、当時の島の様子を語り継ぐことも儘ならない現実や、北方領土問題にどう取り組んでいくのか、後継者に返還運動をどのように伝え、理解させられるかといった新たな課題に直面しています。

このような中、平成28年12月の長門会談において合意された「北方四島における共同経済活動」の実現に向けた官民現地調査が2度にわたり実施され、また、「北方墓参の際の追加的な出入域地点の設置」や「航空機を利用した特別墓参」が実施されるなど、北方領土問題に具体的な進展が見られました。

しかし、これらの取組みは、「日ロ平和条約の締結」に繋がるものでなければならず、北方領土問題が「置き去り」にされることがないよう、北方領土問題の「正しい認識」と「早期解決の思い」を引き続き返還要求運動「原点の地」から国内外に強く発信し続けなければなりません。

最後に

根室市は、今後も日本固有の領土である歯舞群島、色丹島、国後島、択捉島の一日も早い返還を求め、引き続き全国の先頭に立って北方領土返還運動に取り組んで参ります。

この記事に関するお問い合わせ先

総合政策部 北方領土対策室

〒087-8711
北海道根室市常盤町2丁目27番地
根室市役所 2階
電話番号:0153-23-6111(代表) ファックス:0153-24-8692

北方領土対策室へのお問い合わせはこちら

更新日:2018年03月01日