根室市北方領土資料館

北方領土資料館外観写真

北方領土資料館のコンセプト

昭和20年8月の終戦直後に『北方領土問題』が発生し、同年12月の安藤石典根室町長の陳情によって『北方領土返還要求運動』が始まり、今日に至っている。

現在では、これらの事実を広く周知することで、旧ソ連・ロシアの不法性を強く訴え、北方領土問題に関する国民世論の喚起・高揚に努めているところである。

一方、「戦前の北方領土には日本人が生活していた」という事実については、これまで積極的な情報発信ができていない状況である。

戦後70年以上が経過し、北方四島で暮らしていた元島民、いわゆる「我が国固有の領土の生き証人」である方々が年々減少している現実の中、「戦前の北方領土には日本人が生活していた」という歴史・事実が風化していくことは、北方領土返還要求運動にとって大きな課題である。

このような状況の中、当時の「島の生活史としての証」や、「島の思い出」を後世に正しく伝えていくことこそが「北方領土問題は日本の領土である」ことの証となり、ひいては、北方領土問題解決につながるものと考える。

このため、「北方領土資料館」は「戦前の北方領土の生活」にスポットを当て、島での「衣・食・住」を中心とした資料を展示し、「北方領土は日本の領土である」ことを広く国民に周知する施設とする。

館内の様子

1階

剥製
剥製
返還記念コーナー
パネル展示コーナー

2階

島の思い出コーナー
島の思い出コーナー
北方領土ジオラマコーナー
映画ジョバンニの島紹介コーナー
映像上映ルーム
体験コーナー

施設の概要

  • 名称:根室市北方領土資料館
  • 所在:根室市納沙布岬33番地2
  • 構造:鉄筋コンクリート造(2階建)
  • 面積:734.08平方メートル

   (1階395.97平方メートル、2階338.11平方メートル)

利用のご案内

  • 開館期間:1月4日~12月28日
  • 開館時間:午前9時~午後5時まで
    11月~4月の間は毎週水曜日が休館日
  • 入場料金:無料
  • 駐車場:有(約80台)
この記事に関するお問い合わせ先

根室市北方領土資料館

〒087-0165
北海道根室市納沙布33番地2
電話番号・ファックス:0153-28-2445

更新日:2018年03月01日