薬剤部

○ はじめに

     当院薬局は現在、薬剤師6名・助手3名のスタッフで、医師及び看護師など他の医療スタッフと連携をとりながら、医薬品を介して患者様の治療のお役に立つように努めています。


○ 当薬局理念

  • 患者様の立場に立ち、正確で親切、丁寧な業務を行うように心がけます。
  • 薬学知識と技術の向上に絶えず努力します。
  • 他の医療スタッフと連携を図り、チーム医療の一員として活動します。


○ 主な業務

  • 院内調剤(内服薬、外用薬、注射薬)
  • 薬品管理
  • 無菌製剤調製
  • 院内製剤調製
  • 医薬品情報提供
 など

○ 調剤業務(内服薬・外用薬)

     調剤室では、医薬品の適正使用を図るために調剤支援システムを利用して、医師から処方された薬の飲み方や量、飲み合わせ(相互作用)や重複投与などのチェックを実施し正確に調剤をしています。

薬剤部1


○ 無菌製剤調製

     当院では抗がん剤を中心に安全キャビネットにて無菌調製を行い、看護師の抗がん剤への暴露などのリスク軽減に努めています。また、抗がん剤そのものだけでなく前投与の注射もクリーンベンチで無菌調製を行い、抗がん剤の投与スケジュール(レジメン)管理も行っています。

薬剤部2


○ 院内製剤調製

     医師が診療を行う上で、必要とする医薬品がすべて市販されているとは限りません。需要が少ないものは製薬会社では製造しておらず、そういった場合の医師のニーズに応え、薬剤師が病院内で製剤を行い供給しています。これを院内特殊製剤といいますが、設備や機器はもとより、薬剤師としての技術が必要とされ、患者様の治療に影ながら貢献しております。


○ 薬剤師が関わる主な活動

  • ICT(院内感染対策チーム)
  • NST(栄養サポートチーム)
  • 医療安全対策
  • 糖尿病教室
  • 外来化学療法委員会


○ 後発医薬品に対する対応について

     後発医薬品の利用促進が国として進められており、当院においても患者様の安全を十分に考慮して責任をもって推奨できる後発医薬品に徐々に切替えを進めております。 外来では原則「後発医薬品への変更可」の院外処方せんを発行いたしており、患者様が変更を希望された場合は、調剤薬局にてご相談下さい。
     また、後発医薬品への変更があった場合は、調剤薬局にて「お薬手帳」へ変更された医薬品名を記載して貰って、次回来院の折には「お薬手帳」を処方医に提示して変更情報をお知らせください。
     なお、先発医薬品と後発医薬品の適応症が一部異なる場合や処方医が患者様にとって変更しない方が良いと判断した医薬品に関しては、「変更不可」となりますので、何卒ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。