ホーム専門情報イベント情報へくらしの情報へ根室市の情報へお問い合わせはこちらから
現在の位置: ホーム > 専門情報 > 広報ねむろ > 広報ねむろ 記事

春国岱は宝物、
大事にしたい


根室市ネイチャーセンターレンジャー

川 崎 慎 二  さん (31)
        敷島町在住
平成11年4月号 


 春国岱を見下ろす小高い丘にあるネイチャーセンター。今月は、ここでレンジャーを勤める川崎慎二さんに登場していただきました。
 川崎さんが根室を訪れたのは平成6年。「日本野鳥の会」の職員としてセンター建設のお手伝いと完成後の管理をお願いされての赴任でした。
 「根室の前は東京港野鳥公園でレンジャーの仕事をしていましたが、うまくやっていけるか、とても不安でした。プレッシャーもありましたし」と当時の気持ちを語ります。
平成7年のオープン後は、事業の企画立案や訪れる皆さんのガイド、さらに様々な情報収集と忙しい毎日が続いています。
 「年間1万5千人前後の人が訪れます。観光の形態も変化してきたのか、最近ではツアーコースにセンターが組み込まれ案内することが増えてきました」     
 毎日春国岱の姿を見ている川崎さんが一番好きな季節は冬だと言います。「あらゆる人為的な物音が無くなり、聞こえるのは波や風や鳥の鳴き声だけ。色はモノトーン。湖も川も凍りついています。そんな中、小さな虫であったり、動物たちの足跡であったり、生き物の息吹を見つけるとうれしくなります」
 反対に、訪れる人々が一番喜ぶのは7月。「やはり花々が咲き乱れますし。特にハマナスが見事ですから」
 鳥を見るのであれば、5月が良いそう。「渡り鳥もやって来て、一番種類が多くなる時期です」
 個人的に一番好きな鳥を聞くと「クマゲラが好きです。なかなか見られないのと、体も大きく、色合いも良くて迫力がありますね」
 川崎さんは、地元の人は春国岱の素晴らしさに気がついていないと言います。「どんなに凄い場所なのか科学的に知ってもらうため調査も行っていますが、上手にこのセンターを活用して素晴らしさを体験してほしいですね。そろそろ福寿草も咲いて春の気分を味わえますよ」と結んでくれました。


 
【プロフィール】

 ■かわさき しんじ(31)
昭和42年5月17日生まれ。
妻と生後1カ月の長男の3人暮らし。
趣味は登山。好きな食べ物は
キムチ鍋で食べるギョウジャニンニク。

 
 
【インプレッション】

根室に来てから6年、自然や食べ 物にも慣れたが、春国岱の蚊には 勝てないと、すっかり根室人。
柔らかな語り口から、川崎さんに ガイドを依頼するというフアンが 多いのもうなずけます。



前にもどる ページの先頭へ



ホーム | サイトマップヘルプご意見・ご要望 

【分野別メニュー】 専門情報 | イベント情報 | くらしの情報 | 根室市の情報

〒087-8711 北海道根室市常盤町2丁目27番地 電話 0153-23-6111(代表)
メール
ホームページについてのお問い合わせは、総務部情報管理課まで

Copyright (c) nemuro city All Right Reserverd.