ホーム専門情報イベント情報へくらしの情報へ根室市の情報へお問い合わせはこちらから
現在の位置: ホーム > 専門情報 > 広報ねむろ > 広報ねむろ 記事


「船上からの初日も格別」



 根室海上保安部
 巡視船「くなしり」
航海長 茅 島 正 毅
 
さん
        珸瑤瑁在住
 
平成11年1月号 


 今年最初のボイスオブねむろは、三方を海に囲まれた根室にふさわしく、日夜海の安全を担っている巡視船「くなしり」の茅島航海長に登場していただきました。
 この「くなしり」は8月に二代目として根室海上保安部に配属にになったばかりの新鋭船です。 
 島根県の出身で、海上保安庁に入庁して33年というベテラン航海長の茅島さんですが、前任地は横浜、船の勤務は14年振りで北海道の海を走るのは初めてとのこと。
 「全国各地の海を眺めてきましたが、韓国と接している対馬と同じようにやはり緊張の海ですね」
 今年の大晦日から新年にかけ「くなしり」は通常の哨戒活動として、納沙布岬の沖合に出動します。
 「納沙布にもたくさんの人が訪れるようですが、洋上なので、初日は私たちのほうが早く見られますよ」と笑います。
 船内で迎えるお正月は、ずいぶんとささやかで、乗組員の集まる部屋に簡単な松飾りと、食事にちょっとしたお正月らしさをだす程度だそうです
 ほとんどの家庭では、家族水いらずでのんびりというのが、お正月の過ごし方ですが、と伺うと「それはもう仕事ですから割り切っています。正月といっても普段どおり業務をこなすだけですよ」と淡々と語ります。
 厳しい冬を迎え、心配なのは海難事故「やはり船体着氷が危険です。重心が高くなりますから、こまめに取り除くしかありません」「くなしり」もこれからのシーズンに備え、装備の補給や点検と忙しい毎日が続きます。
 「本船にとって初めての冬になりますが、何事もないことを祈ります。厳しい冬が終わり、春が近づいてくると、陸の風景がとてもきれいで入港が待ち遠しくなりますね」と柔和な表情を見せます。
 最後に、せっかくですから保安庁のPRをとお願いすると「古くから海との絆が強い町ですから、ぜひ海上保安庁を目指す若い人がたくさん出てきて欲しいです」と呼びかけてくれました。



 
【プロフィール】

 ■かやしま・まさたけ(51)
  昭和22年9月9日島根県生まれ。
  家族は千葉県船橋市に妻と
  一男一女犬一匹猫一匹。
  好きなものは動物や自然。
  新鮮なサンマを使っての〆サンマなど料理も得意
 
 
【インプレッション】

話す口調は、非常に穏やかですが、言葉の端々に強い責任感がのぞきます。インタビュー終了後、写真撮影のためブリッジに上がりましたが、さすがに海の男。ピタリと決まりました。 




前にもどる ページの先頭へ



ホーム | サイトマップヘルプご意見・ご要望 

【分野別メニュー】 専門情報 | イベント情報 | くらしの情報 | 根室市の情報

〒087-8711 北海道根室市常盤町2丁目27番地 電話 0153-23-6111(代表)
メール
ホームページについてのお問い合わせは、総務部情報管理課まで

Copyright (c) nemuro city All Right Reserverd.