ホーム専門情報イベント情報へくらしの情報へ根室市の情報へお問い合わせはこちらから
現在の位置: ホーム > 専門情報 > 各課ホームページ > 水産研究所

 1 根室市水産研究所                      

 

根室市は安定した水産資源の確保を目的に、資源管理型漁業や増養殖事業を積極的に推進しておりますが、同時に水産研究所において、根室を代表する有用海産生物の基礎的研究を行い、種苗生産技術の確立による沿岸資源の増大を目指しております。

特に根室の特産物を代表するハナサキガニは、平成9年から平成12年までの4ヶ年実施された基礎研究、さらに平成13年から平成15年までの3ヶ年実施された完全養殖に向けた飼育試験など、7ヶ年に亘りハナサキガニの人工種苗に関する飼育実証試験を実施しております。

現在も、将来の大量種苗生産を目指した、効率的でより安定した種苗生産を目的とした飼育環境の条件を確立する試験に取り組んでおります。

今後はより安定した大量種苗生産と、高い生残率が期待できる集団的中間育成の技術確立を目指した飼育実験を計画しており、将来的には安定した種苗生産による稚ガニ放流事業の拡大と資源増大を目指しております。

 

1)施設の概要

 

施設名

根室市水産研究所

敷地面積

5,557.32

所在地

根室市温根元168番地

建物面積

延面積    1,099.19

研究所 1,041.69

温室     31.50

ポンプ室  26.00

総事業費

687,839千円

竣工

平成 8 9 5

 

2)設備の概要

 

取水

海水濾過装置

・一次濾過装置

・二次濾過装置

・精密濾過装置

 

2

2

1

 

8/

7/

2.5/

 

 

 

(紫外線滅菌装置付)

水槽

大型丸底水槽

丸底孵化水槽

・微細藻類等水槽

・FRP水槽(a)

・FRP水槽(b)

・FRP水槽(c)

・アクリル水槽(a)

・アクリル水槽(b)

4

10

15

12

6

4

1

2

1,000

120

100

2,000

2,200

1,500

1,700

500

 

 

 

 

 

 

 

 

特殊空調

特殊空調室

・恒温室             3室 (実験室・培養室・低温室)

 

3)研究の概要

 

@    ハナサキガニの種苗生産試験

 

ハナサキガニ種苗生産の基礎技術は、ほぼ確立したところでありますが、しばしば発生する幼生の大量斃死によって、生残率は安定していないのが現状であります。これは飼育水の悪化や病原性細菌の発生が原因と考えられることから、安定した種苗生産技術を確立するために水質の浄化及び細菌の除去に優れた飼育方法の開発をすすめています。

 

       

  ハナサキガニ ゾエア期                           ハナサキガニ グロコトエ期

 

※ハナサキガニの生態

卵→→→ゾエア1期→→→ゾエア2期→→→ゾエア3期→→→グロコトエ期→→→稚ガニ→→→→→→→→→親ガニ→→→・・・

  孵化        脱皮        脱皮        脱皮          脱皮     脱皮を繰り返して成長

 

 

A    ハナサキガニの中間育成試験

 

ハナサキガニの中間育成は、海中で飼育する方法を実施してきましたが、生残率は低迷しているのが現状であります。これは健苗性や共食いによる減耗が原因と考えられることから、当研究所では生残率向上を目指した陸上水槽での中間育成技術の確立をすすめています。 

 

   

      稚ガニに変態直後のハナサキガニ                   孵化から1年後のハナサキガニ

 

B    ハナサキガニの種苗放流試験

 

   種苗生産試験で得られた種苗を中間育成と並行して、放流試験を実施しております。生産した種苗をハナサキガニの稚ガニの生育に適した場所に放流し、その生残から種苗の健苗性を確認しております。今後も資源増大に向けて種苗の放流技術開発をすすめていきます。

 

       

    放流したハナサキガニ種苗                       放流後発見されたハナサキガニの稚ガニ

 

C  ハナサキガニの養成試験

 

 現在、ハナサキガニの種苗生産に必要な受精卵は、天然の親ガニに依存して

います。しかし、近年漁獲される前浜産の親ガニの確保が難しい状況にあ

ることから、良質な受精卵を安定的に確保するために親ガニ養成技術の確立

をすすめています。            

  

           

     ハナサキガニの成体                  飼育中のハナサキガニ

 

 

D    ヤナギダコの生態や資源増大に関する基礎研究

 

根室市にとって主要な水産物であるヤナギダコに関する研究は殆ど無く、その生態についても不明な点が多いことから、東海大学の持つ増養殖に関わるノウハウと根室市水産研究所の施設の活用及びこれまでの研究成果から、ヤナギダコの生態や資源増大に関する基礎研究に取り組んでいます。

 

     

  卵を守っているヤナギダコ                       孵化直後のヤナギダコの稚ダコ

 

   E    有用海産生物の増養殖試験

 

その他、地先で漁獲される海産生物の初期生活史の解明ならびに資源培養に関する基礎研究を実施しています。

 

  

ホッカイエビ(地方名:ホッカイシマエビ)        マナマコ

 

 2  根室管内栽培漁業推進協議会                

平成15年以降、マツカワが根室管内の栽培対象魚種として適しているかを判断する基礎資料を得るため、当協議会(138漁協)が主体となり、毎年約5万尾のマツカワ稚魚の中間育成および標識放流事業を実施しています。

      

               中間育成中のマツカワ種苗                       標識放流sita

マツカワ

 

 

 3  根室海域ハナサキガニ資源対策協議会                

 

根室市の特産種であるハナサキガニの積極的な資源管理型漁業の推進を目指すと共に、資源の恒久的有効利用を図るため、毎年6月に根室半島沿岸において密度分布調査を実施しています。

 

 4  ハナサキガニ資源増大会議                  

 

根室市におけるハナサキガニの漁獲量は、平成35年に300トン以上の漁獲をピークに、近年は100トン程度で推移しているものの、資源の回復傾向がみられない状況であることから、前浜資源増大の取り組みとして、資源調査や適正な資源管理と共に種苗生産・放流技術等を確立し、有効な施設等の検討も併せ効果的・継続的な種苗放流を実施するため、根室市水産研究所において8齢期の稚ガニ5万尾の安定生産を目指します。

 

 5  根室市ウニ種苗生産センター              

 

根室半島沿岸では、カレイ刺網・コンブ・ウニ・ホッキ・ハナサキガニ漁業等が営まれていますが、中でも重要な位置にあるウニ漁業(たも採・潜水)は、昭和51年の183トンを最高に漁獲量は年々減少し、資源枯渇が懸念されています。

こうした状況の中、昭和57年から漁業協同組合が人工種苗の生産試験に取り組み、種苗の大量生産技術を確立したことを機に、ウニ資源増大をめざして「根室市ウニ種苗生産センター」を建設し、平成341日から供用を開始しています。

この施設では、供用開始後、前浜資源として市内各漁協に供給するため、年間500万粒の種苗を生産し、漁獲水揚げは平成8年度よりはじまっています。

また、施設の運営は、根室市をはじめ市内の4つの漁業協同組合で「根室市ウニ種苗生産センター運営委員会」を組織し、種苗の生産と供給を効率的に行っています。

 

1)施設の概要

施設名

根室市ウニ種苗生産センター

 

構造

鉄骨造平家建(2棟)

所在地

根室市温根元24番地6

 

竣工

平成3225

事業主体

根室市

生産能力

年間 500万粒

事業名

新沿岸漁業構造改善事業

(後期対策)

 

関係組合

管理組合:歯舞漁業協同組合(根室・歯舞・落石・湾中)

総事業費

617,000千円

国庫補助 304,673千円

道補助  152,336千円

 

面積

3,510.50 u

A棟 1,830.50u

B棟 1,680.00u

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2)年次別ウニ種苗の生産状況

                                                           (単位:万粒)

区分     年次

平成20年

平成21年

平成22年

平成23年

平成24

計画

500.0

500.0

500.0

500.0

500.0

実績

670.0

750.4

700.7

763.3

784.7

平均サイズ

7.5mm

8.8mm

8.7mm

9.2mm

9.2mm

   ※平均サイズとは、規格種苗の平均実績サイズをいう。

 

3)ウニ人工種苗生産工程表

 
 

 6  産学官連携研究開発事業 (東海大学海洋学部)                 

(ヤナギタコ資源の生態や資源増大に関する基礎研究等)

 

1研究概要

  根室市にとって主要な水産物であるヤナギダコに関する研究は殆ど無く、その生態についても不明な点が多いことから、東海大学海洋学部の持つ増養殖に関わるノウハウと根室市水産研究所の施設の活用及びこれまでの研究成果から、ヤナギダコの生態や資源増大に関する基礎研究に取組み、互恵的な協力関係の発展とヤナギダコ資源の増大に向けた共同研究を行うこととなった。

 

2現状と課題

根室沿岸におけるヤナギダコの資源管理については、平成224月より禁漁期間が5月〜7月の3ヶ月間となった。しかしながら、増養殖に係る試験研究がほとんど実施されていないために、資源管理と併せた効果的な増大事業が展開されていない現状にある。 一方、平成24度年から道の直轄事業でヤナギダコ産卵礁の設置が実施されており、今後、共同研究によって得られたデータを蓄積し活用することで種苗生産や放流技術の確立を図り総合的な資源増大対策に繋げていきたい。

 

3研究項目

 @ヤナギダコの繁殖に関わる生態の解明

 A種苗生産技術開発に向けた基礎研究

 B成長と成熟の解明

 

4期待される成果・効果

・孵化した稚ダコの飼育技術が確立されれば、効果的な放流事業の展開が期待される。

・成長と成熟の過程が把握されれば、適切な資源保護が期待できる。

・産卵形態からは効果的な産卵礁の設置の実現が期待できる。

 

5今後の展開について

・現時点では、資源管理と合わせた効果的な増大事業の展開がなされていないため、共同研究で得られた結果を活用し、将来的に適正な管理型漁業を推進することでヤナギダコの資源増大を目指す。

・そのためには適正な漁業形態の構築が必要であり、得られた情報は関係漁業者にも情報提供することで、資源管理型漁業に対する意識の向上も図っていく。

 

 

このページに関してのお問合せについては、水産研究所まで
水産研究所へのお問い合わせ水産研究所の業務内容各課ホームページ一覧
前にもどる ページの先頭へ



ホーム | サイトマップヘルプご意見・ご要望 

【分野別メニュー】 専門情報 | イベント情報 | くらしの情報 | 根室市の情報

〒087-8711 北海道根室市常盤町2丁目27番地 電話 0153-23-6111(代表)
メール
ホームページについてのお問い合わせは、総務部情報管理課まで

Copyright (c) nemuro city All Right Reserverd.