ホーム専門情報イベント情報へくらしの情報へ根室市の情報へお問い合わせはこちらから
現在の位置:ホーム > 根室市の情報 > 自然について(一覧) > 動物図鑑
アオジ
アオジ
ホオジロ科

夏、森林で繁殖。秋の渡りの時期は10月10日前後で、北から帰るアオジで一色になるという感。
アカゲラ
アカゲラ
キツツキ科

根室で、一番ポヒュラーなキツツキ。冬は根室に飛来し、街路樹などでも見かける。
ウソ
ウソ
アトリ科

夏、高山で繁殖、一部根室でも繁殖。冬鳥として、根室に飛来し、街路樹などでも見かける。
ウミウ
ウミウ
ウ科

ユルリ島、落石岬等で繁殖している。半島一周すると、岩場で止まっている個体が見られる。
ウミネコ
ウミネコ
カモメ科

冬、南に帰るが、春、根室に戻り夏を過ごす。一部は、繁殖もする。足が黄色で、尾が黒いのが特徴。
エゾシカ
エゾシカ
ニホンジカ科

最近は、ピーク時2,500頭ぐらい生息。冬に、1,000頭ぐらい落石三里浜に集まり、汽車の窓から見える。
エゾリス
エゾリス
リス科

東梅、別当賀あたりの森林にいる。秋、クルミ、ドングリなどを貯食
エトピリカ
エトピリカ
ウミスズメ科

日本で、30羽ぐらいしか生息していないが、そのほとんどは、ユルリ・モユルリ島に生息している。
オオセグロカモメ
オオセグロカモメ
カモメ科

一年中いて、ユルリ・モユルリ島とかで繁殖もする。足がピンクで、ウミネコより一回り大きい。
オオハクチョウ
オオハクチョウ
ガンカモ科

根室市の鳥。温根沼と風蓮湖に5,000羽ほどが春と秋に来るが、以前は10.000羽ほどいた。
カッコウ
カッコウ
ホトトギス科

根室では、5月19日前後に来て、巣を作らず、托卵する。托卵する鳥は、ノビタキ、アオジなど。
キタキツネ
キタキツネ
イヌ科

3月頃、4〜5匹の子を育てる。半島部だけで、250頭ぐらい生息し、最近は、市街地にも出没。エキノコックス症に注意。
キンクロハジロ
キンクロハジロ
ガンカモ科

春と秋に来るが、冬は湖が凍るためいない。夏、一部残るものもいる。後頭部には、冠羽があるのが特徴。
クマゲラ
クマゲラ
キツツキ科

国の天然記念物。根室では、数つがいが森林で繁殖。頭の赤い烏と言った感じ。
コオリガモ
コオリガモ
ガンカモ科

冬鳥。冬羽で道東に来るが、4月末に北に帰る頃には夏羽。「アッアオナ」と鳴く、別名アオナ。
ゴジュウカラ
ゴジュウカラ
ゴジュウカラ科

森林に棲み、逆さに止まる場合もある。冬は、カラとともに混群を作る。
ゴマフアザラシ
ゴマフアザラシ
アザラシ科

冬に、流氷に乗って、サハリンの方から南下するが、一部夏にも残り、風蓮湖にも入る。
前にもどる ページの先頭へ



ホーム | サイトマップヘルプご意見・ご要望 

【分野別メニュー】 専門情報 | イベント情報 | くらしの情報 | 根室市の情報

〒087-8711 北海道根室市常盤町2丁目27番地 電話 0153-23-6111(代表)
メール
ホームページについてのお問い合わせは、総務部情報管理課まで

Copyright (c) nemuro city All Right Reserverd.