ホーム専門情報イベント情報へくらしの情報へ根室市の情報へお問い合わせはこちらから
現在の位置: ホーム > 専門情報 > 広報ねむろ > 広報ねむろ 記事

モットーは「やさしく、
ていねいに」


市立根室病院付属准看護婦養成所
長谷川 恵 さん
        光洋町在住
平成11年3月号 



 今月は、この5日に准看護婦養成所を卒業し、4月から地元の医療機関で勤務予定の長谷川恵さんをご紹介します。
 長谷川さんは、地元の高校を卒業後、福祉関係の勉強をしたいと帯広の大谷短期大学社会福祉科に進学、卒業後は根室に帰り、江村精神科内科病院に勤務し、患者さんのリハビリや社会復帰訓練の指導員として活躍をしていました。
 「フォークダンスを教えたり、一緒に歌を歌ったり、軽い運動の指導などを行っていましたが、患者さんには高齢者の方が多く、皆さん内科的な疾患を持っています。けれども私は資格が無いので、看護することができないんです」
 そんなもどかしさと、准看護婦養成所の受験年齢が変更になったのをきっかけに、22歳の時に入学。
 「院長先生も『しっかり勉強してきなさい』って送りだしてくれました」と職場の理解と応援も大きかったと語ります。
 「福祉と医療の両方を身につけたいと入学しましたが、医療はとても難しいです。特に、実習に入ってからは、分からない事だらけで大変でした」
 一番印象に残っている出来事を伺うと、「年配の男性の方で、手術後間もない方をお世話していたのですが、大きな花束があるので、お聞きしたら今日が誕生日だっておっしゃるんです。それでハッピーバースデーの曲を歌ったんですが、退院後に手紙が来て、とても嬉しかったと書いてありました」。
 最も大切だと感じたのは、患者さんに対する声かけやあいさつだったという長谷川さん。
 「特に理想とか目標はありませんが、これからも、看護の基本の『やさしく、ていねいに』を忘れず頑張りたいですね」
 4月からは、また社会人としての生活がスタートしますが? 「家族にも随分迷惑をかけたので、しっかり働かないと。でも、お給料を貰えるのがうれしいです。早くお金を貯めて、短大時代の友達と海外旅行に行くのが目標なんです」と笑顔が輝きました。


 
【プロフィール】

 ■はせがわ めぐみ(24)
昭和49年5月11日生まれ。
両親と弟の4人暮らし。
趣味は短大時代に覚えたスキー。
よく聴く音楽は、ミスターチルドレン。

 
 
【インプレッション】

 しっかりと、自分の進むべき道が分かっている方です。方向を変えプライベートに関して聞いてみようと「結婚は?」との問いには、「一人じゃできませんから」とうまくかわされてしまいました。




前にもどる ページの先頭へ



ホーム | サイトマップヘルプご意見・ご要望 

【分野別メニュー】 専門情報 | イベント情報 | くらしの情報 | 根室市の情報

〒087-8711 北海道根室市常盤町2丁目27番地 電話 0153-23-6111(代表)
メール
ホームページについてのお問い合わせは、総務部情報管理課まで

Copyright (c) nemuro city All Right Reserverd.