ホーム専門情報イベント情報へくらしの情報へ根室市の情報へお問い合わせはこちらから
現在の位置: ホーム > 専門情報 > 広報ねむろ > 広報ねむろ 記事

 9月10日に、 日本で初めてBSE (牛海綿状脳症) が発生して以来、 様々な情報が流れていますが、 正確な情報と知識により、 BSEについての正しい理解をお願いいたします。

 今回BSEと確認された牛の感染源は特定できていませんが、 BSEの主な感染源とされている肉骨粉については、 当分の間、 すべての国からの輸入及び国内における流通を一次停止し、 BSEの感染経路を遮断しています。
 また、 BSEは英国で実施されたBSE感染牛の材料のマウス等への試験では、 脳、 脊髄、 眼及び回腸遠位部 (いわゆる特定危険部位) 以外からの感染は認められていません。
 さらに、 と畜場において食肉処理を行う全ての牛について、 BSE検査を実施しており、 検査陽性の牛については全て焼却するほか、BSE感染性のある特定危険部位も全ての牛から除去し焼却します。
 これらの対策により、 と畜場でBSEに感染していないことが証明された牛以外は食用としても飼料としても市場に出回ることのないシステムが確立されているほか、現在流通している加工食品についても、 製造者に対して自主点検を求めるとともに、 特定危険部位の使用・混入が認められた食品の製造・販売の自粛や自主回収を指導しています。

 BSEの発生以後、 牛肉や牛乳乳製品について不安を抱く方がいらっしゃいますが、 これらのことを十分にご理解の上、 安心して召し上がってください。

BSE関連対策の概要
 消費者の皆さんが安心して食べられる牛肉を提供するとともに、今回の風評等で大きな被害を受けた生産者や関係業界の方々が一刻も早く従来どおりの経営に戻られるよう各種関連対策を講じています。
 
■BSEの清浄化
・BSE監視体制の強化
・牛の固体識別システムの構築
 
■BSEの新検査体制のもとでの食肉処理・流通体制の整備
・BSE検査開始前の国産牛肉の市場隔離
 
■農業経営等の安定
・農業経営体制
・農家、食肉販売業者等に対する緊急融資
 
■畜産副産物等の適正処理の推進
・肉骨粉の適正な処分の推進
・へい死牛の適切な焼却処理の推進
 
■その他
・BSEに関する知識の普及、安全性のPR
・出荷繰り延べに対する助成

▼BSEの発生に伴い影響を受けている関連中小企業者の方へ 
  道では次のとおり経営支援資金融資 (倒産関連) の取り扱いを開始しております。
 融資を希望される方は根室商工会議所・2062番又は最寄りの金融機関窓口までご相談下さい。

・取扱期間 平成14年3月31日まで
・資金使途 運転資金
・融資金額 5000万円以内
・融資期間 7年以内 (内据置2年以内)
・融資利率 年1.3%以内

前にもどる ページの先頭へ



ホーム | サイトマップヘルプご意見・ご要望 

【分野別メニュー】 専門情報 | イベント情報 | くらしの情報 | 根室市の情報

〒087-8711 北海道根室市常盤町2丁目27番地 電話 0153-23-6111(代表)
メール
ホームページについてのお問い合わせは、総務部情報管理課まで

Copyright (c) nemuro city All Right Reserverd.