ホーム専門情報イベント情報へくらしの情報へ根室市の情報へお問い合わせはこちらから
現在の位置:ホーム > 根室市の情報 > 歴史について
■ 江戸時代の日本とロシア

 江戸時代の日本は、長崎で中国とオランダなどと交易があり、その他の国とは通商関係を結んでいませんでした。
 法律で、日本人が外国に行くことも禁止されていましたが、漂流してしまった場合、外国から送り返される例が何度かありました。 
 当時のロシアは、エカテリーナ2世女帝が強大な力を持ち、シベリアでの毛皮生産を増やすことが、重要な課題でした。そのために、シベリアに近い日本と交易し、シベリアへ食糧などを輸入しようと考えていました。

 

ラクスマンの根室来航|江戸時代の日本とロシア|漂流民大黒屋光太夫
ロシア知識の流入口根室ラクスマン来航の歴史的意義ラクスマン来航関係年表
前にもどる ページの先頭へ



ホーム | サイトマップヘルプご意見・ご要望 

【分野別メニュー】 専門情報 | イベント情報 | くらしの情報 | 根室市の情報

〒087-8711 北海道根室市常盤町2丁目27番地 電話 0153-23-6111(代表)
メール
ホームページについてのお問い合わせは、総務部情報管理課まで

Copyright (c) nemuro city All Right Reserverd.