ホーム専門情報イベント情報へくらしの情報へ根室市の情報へお問い合わせはこちらから
現在の位置: ホーム > 専門情報 > 広報ねむろ > 広報ねむろ 記事


学芸員日誌

 ツタウルシ (平成14年11月号)



 哺乳類調査の一環として、先日、JRに乗ってエゾシカの観察をしました。日中はエゾシカもいなく、ただ根室―厚床間の往復になってしまいましたが、その代わりすばらしい物をみました。それは、ツタウルシです。私がここに住んで20年になりますが、あれほど感動したのは初めてでした。
 以前も、この欄にコラムを書きましたが、一ヵ所から3つの葉が出ていて、春はエンジ夏緑、秋に紅葉に変わります。根室の紅葉は、温度もそう下がらなく、また、ヤマモミジがないせいもあって、「根室の紅葉は、黄色のうちに終わってしまう」と言うのが私の言い具せでした。しかし、線路沿いは、ツタウルシが多く、それも明るい赤色でした。針葉樹の深緑、ヤマブドウのくすんだ赤、ダケカンバやミスナラの黄色、その中で特にツタウルシがひときわ鮮やかでした。また、こんなに多いとは、意外でした。
 20年間山歩きをしていますが、根室を知り尽くすには、「まだまだだ」と実感した次第です。私がかぶれた落石の森でも、今時分行くとツタウルシの宝庫かもしれませんが、夏行くとわからずじまいです。ツタウルシを探すゆとりがないと「その他雑草」と同じことです。春夏秋冬、同じ所に通い詰め、つねづね外にでたら、知識を生かして、自然に対してどん欲にすることが、自然を知るコツなのかもしれません。
                                                   (主任学芸員 近藤 憲久)


                     

                             昆布盛の駅にあるツタウルシ






前にもどる ページの先頭へ



ホーム | サイトマップヘルプご意見・ご要望 

【分野別メニュー】 専門情報 | イベント情報 | くらしの情報 | 根室市の情報

〒087-8711 北海道根室市常盤町2丁目27番地 電話 0153-23-6111(代表)
メール
ホームページについてのお問い合わせは、総務部情報管理課まで

Copyright (c) nemuro city All Right Reserverd.