ホーム専門情報イベント情報へくらしの情報へ根室市の情報へお問い合わせはこちらから
現在の位置: ホーム > 専門情報 > 広報ねむろ > 広報ねむろ 記事

熱く語り合いたい


佐 藤 具 克 さん
        光洋町在住
 
平成10年4月号 


 「思った以上に反響はありましたね」と語るのは、発言塾の発起人とも言える佐藤具克さんです。
 つねづね、仲の良い友人と、いろいろな問題を議論してきたけれど、もっとたくさんの人の意見を聞いてみたいと始めたこの発言塾。
 その時々のテーマを定め、自由なふんいきの中で、発言をしてもらい、様々な意見に耳を傾ける。
 それが、この塾の方針です。
 人口減や、経済の低迷と暗い話ばかりが多いけれど、みんなで熱い思いを語り合い、元気を出すのが目的とのこと。
 これまでに、2回開催しましたが、前回の「教育」をテーマにした会には、30人を超える市民が集まり、関心の高さを示しました。
 「パネリスト以外の一般市民の方の発言も多く、進め方の難しさを感じました。それにしても、みんな熱い意見を持っているんですね」とうれしい苦労もあるようです。
 現在、塾員は4名とのことですが、参加者の発言が多く、自分たちの意見を発表できないのでは?と伺うと、「そうですね、今までは仲間だけでしたから、今後は広報誌を出して自分たちの意見を発表したいと考えています」。自由な議論の場所づくりができれば良いという佐藤さん。次回は、高校の問題をテーマに5月頃開催したいとのことで、資料の収集や準備で大変だそうです。
 「あと、地元の人間として、北方領土問題は取り上げてみたいですね。このテーマを通して、いろいろな事が語れると思うんです」
 最近、人間関係が希薄になってきたのが、気にかかるということですが、この発言塾での論議をきっかけに、いろいろな問題に関心を持って欲しいと熱く訴えます。
 一緒に語り合う仲間を大募集しているとのこと、「入会のルールは何もありません。どんな年齢でも職業でもOKです。毎月例会をやっていますので、気軽に覗いてください」と締めくくってくれました。


 
【プロフィール】

 ■さとう・ともかつ(32)
 昭和40年4月根室生まれ
 根室西高校卒業後、札幌で3年程勤務。
 昭和62年根室に戻り、家業のパン屋さんに勤務。
 趣味は本屋をのぞくことと、図書館でのひまつぶし。
 家族は妻と二人。
 
【インプレッション】

 優しい笑顔と対照的に、「ねむろ」を良くしたいという、熱い思いが伝わってくるインタビュー。
 塾で鍛えた滑らかな口調は、さすがだなと感じさました。



前にもどる ページの先頭へ



ホーム | サイトマップヘルプご意見・ご要望 

【分野別メニュー】 専門情報 | イベント情報 | くらしの情報 | 根室市の情報

〒087-8711 北海道根室市常盤町2丁目27番地 電話 0153-23-6111(代表)
メール
ホームページについてのお問い合わせは、総務部情報管理課まで

Copyright (c) nemuro city All Right Reserverd.