ホーム専門情報イベント情報へくらしの情報へ根室市の情報へお問い合わせはこちらから
現在の位置: ホーム > 専門情報 > 広報ねむろ > 広報ねむろ 記事
NEMURO
人物図鑑



 「大きな馬の背に揺られ、普段気軽にできなかった乗馬を多くの人に体験してもらいたいですね。」と話すのは、このほど根室市内(東和田)に乗馬クラブをオープンさせた菅原勝征さんです。
 今春、JA根室を退職し長年の夢だった乗馬クラブを設立。厩舎にはトロッターやサラブレット、輸入馬など調教された乗用馬のほか、近くに放牧場を確保し十数頭の馬を所有しています。
 乗用馬の生産と合わせ、市民や観光客、さらに会員による乗馬人口を増やすため、毎日馬の世話や敷地内の環境整備に努めています。
 「生まれて初めての人でも大丈夫です。乗馬の基礎やホーストレッキングなど希望に合わせて指導しますので、気軽に乗馬を楽しんでもらいたいですね」と菅原さん。
 乗馬の醍醐味は、何よりその開放感に尽きます。街中の騒音を離れ、伸び伸びと快適な乗馬を楽しむのも気分転換にいいものです。
 さて、菅原さんに馬の魅力を伺うと「毎年荒馬を調教するのですが、一ヶ月ほどで馬の性格が変わります。命がけで調教するものですから、馬もいったんその調教した人間を信頼すると、嘘のようにおとなしくなるんです」と馬と人間の信頼関係が大切と語ります。 
 乗馬は性別や年齢を問わないスポーツです。『大きな馬を動かすのに必要なのは腕力や体力ではありません。大切なのは馬と気持ちを合わせることです』人馬一体が大切と話してくれました。 
 乗馬を体験したい方は、
   根室乗馬クラブ(携帯090−2692−6180)まで連絡を。
  
  菅 原 勝 征 さん (58才)
   根室乗馬クラブ代表

  「馬とふれあう絶好の機会」

  馬に語りかけ、馬と戯れる
    最高の自然体験ができます







 

前にもどる ページの先頭へ



ホーム | サイトマップヘルプご意見・ご要望 

【分野別メニュー】 専門情報 | イベント情報 | くらしの情報 | 根室市の情報

〒087-8711 北海道根室市常盤町2丁目27番地 電話 0153-23-6111(代表)
メール
ホームページについてのお問い合わせは、総務部情報管理課まで

Copyright (c) nemuro city All Right Reserverd.