ホーム専門情報イベント情報へくらしの情報へ根室市の情報へお問い合わせはこちらから
現在の位置: ホーム > 専門情報 > 広報ねむろ > 広報ねむろ 記事
NEMURO
人物図鑑

人物写真
 「昭和基地の池田です。あと4日で45日振りの太陽を見ることができます。もう太陽が地平線の間近まできているので、昼間はとても明るくなってきました」。これは日本から1万4千キロ離れた、南極昭和基地で研究観測している池田さんの声です。
 今月は電子メールでの取材。ご紹介する方は南極地域観察隊員として活躍する池田博さん(根室出身)です。
 日本の南極地域観測隊は昭和32年、11人の越冬隊員でスタート。半世紀近くに及ぶ観測を通じ、世界初のオゾンホール発見など多くの成果を残してきました。
 池田さんは第44次南極地域観測隊の越冬隊員として昨年の11月28日、日本を出発し、飛行機と観測船を乗り継ぎ約一月かけ南極昭和基地に着きました。「初めて基地に着いたときは根室の風景に似ていると感じました。ちょうど私の育ったところの桂木にあった石切り場の風景にそっくりでした」と南極の第一印象を語ります。
 池田さんの専門は低温工学。基地内に新しい装置を設置するため今回の参加になったそうです。
 「私の基地内での仕事は超伝導重力計という機械を使って重力を測定すること。今年の5月に東北地方で発生した地震も重力変化として遠く離れた南極昭和基地でも観測に成功しました」と、今後の観測に大きな期待が寄せられています。
 「こちらに来て感じましたが、自然は人の心を大きく育てる力を持っていると思います。根室には南極と同じようにとても雄大な自然がいっぱいあります。根室の人たちが、根室について自信を持って『いい街だ』と思えるようになってもらいたいですね」と最後に心温まるメッセージをいただきました。
池田 博さん(50)
第44次南極地域観測隊員

『1万4千キロ離れた南極から』

雄大な自然は人の心を大きく育てる


前にもどる ページの先頭へ



ホーム | サイトマップヘルプご意見・ご要望 

【分野別メニュー】 専門情報 | イベント情報 | くらしの情報 | 根室市の情報

〒087-8711 北海道根室市常盤町2丁目27番地 電話 0153-23-6111(代表)
メール
ホームページについてのお問い合わせは、総務部情報管理課まで

Copyright (c) nemuro city All Right Reserverd.