ホーム専門情報イベント情報へくらしの情報へ根室市の情報へお問い合わせはこちらから
現在の位置: ホーム > 専門情報 > 広報ねむろ > 広報ねむろ 記事
STOP! 不法投棄

 私たちが暮らす根室の街は、 雄大で豊かな自然や美しい景観に恵まれています。 私たちは将来にわたりこの美しい環境を守り育て、 そして次の世代に伝えていく責任があります。 しかし、 山や湖をはじめ、 公園や道路沿いなどの公共の場所、 一部の心ない人々の投げ捨てにより空缶、 たばこの吸い殻等が散乱し、 美観を損なっているばかりでなく、 快適な生活環境や地域の生態系に少なからず影響を与えています。 一人ひとりモラルと責任をもって美しい街をつくりましょう。
● モラルと責任を持って美しい根室の街を

 昔は、 あまりごみを出さない暮らし方をしていました。
 限られた物を大切に使い、 なるべく捨てないで 「直して使う、 活かして使う」 生活をしていました。
 しかし、 今では私たちのまわりには物があふれています。 次から次へと新しい商品がつくられ、 なかには一度も使われずに捨てられてしまう物もあります。
 また、 増え続けるごみの量とともに、 心ない人による不法投棄も後をたちません。
 2年前に 「家電リサイクル法」 が施行され、 不用となったテレビ・冷蔵庫・洗濯機・エアコンの家電4品目を処分する場合、 リサイクル料金と収集運搬料を負担することになりました。
 このため郊外の側溝や沢、 草むらの中や海岸沿いなどに不用となった家電製品の不法投棄が後をたちません。
 このような不法投棄が市民によるものであれば、 非常に残念なことです。
 不法投棄は、 単に美観をそこねるだけでなく、 危険となったり不衛生にもなり環境を悪化させることにもなります。 このようなことは一人ひとりのモラルの問題で、 心がけしだいで解決できることです。
 21世紀を担う子どもたちのためにも大人が良き手本を示さなければいけません。 モラルと責任を持って美しい根室の街をつくりましょう。

● 不法投棄は法律で禁じられている

 家電製品などの不法投棄は近隣への迷惑になることはもちろん、 しみだした重金属の有害物質による土壌汚染など環境にも大きな影響を与えます。
 不法投棄は 「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」 によって固く禁じられており、 違反した場合の罰則が強化されています。
※廃棄物の投棄禁止違反

 ・5年以下の懲役
 ・一千万円以下の罰金又はこの  併科


 家電製品は永く、 大切に使い、 役割を終えた後は家電リサイクル法に則って家電製品の小売り業者などに引き取ってもらいましょう。

● 不法投棄防止対策
 根室市では、 不法投棄防止対策として市広報紙や新聞折り込みでのPRや市内各所に不法投棄防止看板を設置するなどの取り組みを行っています。
 一昨年、 根室市と根室郵便局との間で 「不法投棄パトロール」 の協定を締結しました。
 これは市内をくまなく回る郵便外務員が不法投棄の現場や投棄された廃棄物を発見した際に速やかに市役所に報告し、 不法投棄の防止に努めているものです。 また、根室警察署や町会連合会等関係機関と連携をとりながら不法投棄防止の推進を図っています。       
● 不法投棄を発見したら
 
 不法投棄は郊外の側溝や沢、 海岸沿いに多く見受けられます。 根室市では巡回パトロールや市民のみなさん、 関係機関などからの通報などで投棄者の特定に努め適正に処理するよう指導しています。
 住みよい環境は市民みなさんの力が必要です。 もし、 不法投棄の現場を見たり、 ごみを発見した場合は、 市環境衛生係までご連絡をお願いします。
▽連絡先
  根室市市民環境課環境衛生係   電話 23-6111 (内線2128)

ルールを守る!

桂木町会
会長 谷内 静雄さん


 ひとつゴミが捨てられると連鎖的にそこが捨て場になってしまいます。 個人が持っている罪悪感が 「みんなで捨てれば・・・」 に変わってしまうことが、 とても残念です。
 本人が少しでも気をつければ解決できることです。 『ごみは決められた日に、 決められた場所に捨てる』 というルールを守ってもらいたいですね。

前にもどる ページの先頭へ



ホーム | サイトマップヘルプご意見・ご要望 

【分野別メニュー】 専門情報 | イベント情報 | くらしの情報 | 根室市の情報

〒087-8711 北海道根室市常盤町2丁目27番地 電話 0153-23-6111(代表)
メール
ホームページについてのお問い合わせは、総務部情報管理課まで

Copyright (c) nemuro city All Right Reserverd.