ホーム専門情報イベント情報へくらしの情報へ根室市の情報へお問い合わせはこちらから
現在の位置: ホーム > 専門情報 > 広報ねむろ > 広報ねむろ 記事


「地道な活動を続けています」



北方地域研究会会長
   石井 政義 さん
          花園町在住
 
平成13年8月号 


 根室市は明治2年に開拓使が置かれてから130年を超える、 北海道の中で最も歴史のある街です。
 今月は、 この根室や千島を含む北方地域を対象に、 調査研究しているグループ『北方地域研究会』会長の石井政義さんをご紹介します。
 同研究会は根室に大学などの研究機関がないため、 埋もれがちな根室の歴史と、 地理的調査研究を行おうとして平成6年に市民サークルとして誕生しました。
  「考古学が好きで、 公民館主催の歴史講座をよく受講していました。 その頃に 『北方地域研究会が発足する』 と新聞で知り即入会しました。 ようやく自分の探し求めていたものと巡り合った感じですね」 と入会した動機を話します。
 研究会初代会長の山田さんとは年齢が近かったせいか、 お互い息気投合し様々な調査研究に取り組んだことが懐かしいと振り返ります。  「地道な活動ですが、 初代会長山田さんの北方地域研究にかける熱意と意気込みは会の原動力ともなりました。 しかし、 その山田さんも平成9年に他界され、 その後私が意思を引き継ぎ会長に就任しました」 と志半ばで亡くなられた故人を忍びます。
 同研究会は日頃の活動紹介を兼ねて平成7年と9年に総合文化会館で 「空からみる・地図でみるふるさと根室展」 を開催しました。

                                                                                 
  「3日間の開催でしたが多数の市民が来場してくれとても嬉しかった」 と石井さん。 大きな事業をやり終え、 一時活動を休止していましたが、 平成10年、 市学芸員から苫小牧市博物館の調査したトーチカ (防御陣地) の資料を見せられグループ活動を再開。
 根室にもトーチカが8カ所ほど残っており、 地震などで倒壊しないうちに記録を、 ということで現地調査し、 根室市博物館開設準備室紀要報告書を3年がかりで作り上げました。
  「現在の活動は千島列島地形図に載っている地名などを調べ、 今年の秋ごろには1冊の本にしたいと思っています」。 これから忙しくなると話す石井さんでした。
 


 
【プロフィール】

 ■石井政義さん(66)  
昭和10年6月24日生まれ
家族は、奥さんと二人暮らし、趣味は登山と自然散策。
 
 
【インプレッション】

研究会の中心的存在だった (故) 山田さんの話になると、 感極まり言葉が詰まるなど、 つよい友情で結ばれたお二人のことが思われるインタビューとなりました。



前にもどる ページの先頭へ



ホーム | サイトマップヘルプご意見・ご要望 

【分野別メニュー】 専門情報 | イベント情報 | くらしの情報 | 根室市の情報

〒087-8711 北海道根室市常盤町2丁目27番地 電話 0153-23-6111(代表)
メール
ホームページについてのお問い合わせは、総務部情報管理課まで

Copyright (c) nemuro city All Right Reserverd.