ホーム専門情報イベント情報へくらしの情報へ根室市の情報へお問い合わせはこちらから
現在の位置: ホーム > 専門情報 > 各課ホームページ > 総合政策部 > 総合政策部少子化対策推進室

TOP  出会い・結婚  妊娠・出産  乳幼児  児童・生徒  就労支援  若者地元定着  住環境

保育所保育料第3子目以降無料化事業(保育所)

市民福祉部こども子育て課
(1階・窓口18番)

22歳未満のお子さんが3人以上いる世帯に対して、3人目以降の保育所保育料を無料化し、子育て世帯の経済的負担の軽減を図り、安心して保育を受けることができる環境を整備します。

幼稚園保育料等第3子目以降無料化事業(幼稚園)

市民福祉部こども子育て課
(1階・窓口18番)

22歳未満のお子さんが3人以上いる世帯に対して、3人目以降の幼稚園保育料(預かり保育料、教材費等は除く)と入園料を無料化し、子育て世帯の経済的負担の軽減を図り、安心して幼児教育を受けることができる環境を整備します。

幼稚園就園奨励費補助事業

市民福祉部こども子育て課
(1階・窓口18番)

私立幼稚園児の保護者の経済的な負担を軽減するため、私立幼稚園設置者が行う、在園する満3歳児から5歳児の入園料および保育料の減免する場合に補助する制度です。減免額は、世帯の市民税課税額のほか、世帯の19歳未満の扶養人数、小学校3年生までの兄妹の有無など、各世帯の状況により補助限度額が異なります。申請などについては入園している幼稚園で行うこととなります。

 

児童手当

市民福祉部こども子育て課
(1階・窓口18番)

中学校修了前のお子さんを養育している方に手当を支給し、家庭生活を安定させ、お子さんが健全に育成されることを目的とします。

子育て世帯応援事業

市民福祉部こども子育て課
(1階・窓口18番)

子育て世帯等の負担を軽減することを目的に、その家庭から出る紙おむつの無料回収を行っています。

こども医療費助成事業

市民福祉部保健課
(1階・窓口8番)

生まれてから、高校を卒業するまでのお子さんを対象に医療費の助成を行い、疾病の早期発見と治療によりこどもの健康の増進を図ります。

【給付対象】小学生以下は通院及び入院医療費

      中学生・高校生は入院医療費のみ【平成28年4月より拡充】

乳児家庭全戸訪問事業(こんにちは赤ちゃん事業)

市民福祉部こども子育て課
(1階・窓口18番)
市民福祉部保健課
(1階・窓口8番)

乳児のいる全ての家庭を訪問し、子育ての孤立化を防ぐため、不安や悩みを聞き、子育て支援に関する情報提供を行い、支援が必要な家庭に対して適切なサービスの提供に結びつけることにより、お子さんが健やかに成長できる環境整備を図ります。

フッ素塗布事業

市民福祉部保健課
(1階・窓口8番)

1歳6ヵ月児及び2歳児を対象として、市が費用を一部負担するフッ素塗布事業を市内歯科医院等で実施しております。

ひとり親生活支援事業

市民福祉部こども子育て課
(1階・窓口18番)

乳幼児を養育するひとり親家庭に紙おむつ又はおしりふき等の購入できる育児用品券を交付し経済的な負担軽減を図り、安心して子育てができる環境を整備します。

ひとり親家庭等支援事業

市民福祉部こども子育て課
(1階・窓口18番)

ひとり親家庭の児童及び父母の初診料を助成し、経済的な負担軽減を図るとともに、健康増進を推進します。

重度障がい児支援事業

市民福祉部社会福祉課
(1階・窓口19番)

重度心身障がい児の初診料を助成し、経済的な負担軽減を図るとともに、健康増進を推進します。

チャイルドシート購入助成制度

市民福祉部市民環境課
(1階・窓口3番)

運転中のお子さんの安全・安心を推進するため、チャイルドシートの購入に係る費用の一部を助成します。

 

ブックスタート事業

図書館

お子さんと保護者が絵本に親しむ体験と一緒に絵本を贈り、読み聞かせによる心ふれあうひとときを持つためのきっかけを作ります。

このページに関してのお問合せについては、総合政策部少子化対策推進室まで
少子化対策推進室へのお問い合わせ少子化対策推進担当の業務内容各課ホームページ一覧

前にもどる ページの先頭へ



ホーム | サイトマップヘルプご意見・ご要望 

【分野別メニュー】 専門情報 | イベント情報 | くらしの情報 | 根室市の情報

〒087-8711 北海道根室市常盤町2丁目27番地 電話 0153-23-6111(代表)
メール
ホームページについてのお問い合わせは、総務部情報管理課まで

Copyright (c) nemuro city All Right Reserverd.