ホーム専門情報イベント情報へくらしの情報へ根室市の情報へお問い合わせはこちらから
現在の位置: ホーム > 専門情報 > 広報ねむろ > 広報ねむろ 記事
就任のごあいさつ


根室市長 藤 原 弘

 

市民の皆様に、市長就任のごあさつを申し上げます。
 新しい世紀を迎えようとしている今、市長としての信任をいただき、新たな根室市の発展を目指した舵取りを進めていく役割の重さに、身が引き締まる思いです。
 これからの4年間、市民の皆さんの思いを、思いとして、根室のために力の限りをつくし、一生懸命、市長の仕事に取り組んでいきます。どうぞよろしくお願いいたします。
 北方領土をのぞみ、資源豊かなオホーツク海と太平洋に囲まれ、広い大地と自然環境にも恵まれ、霧も深いが人情も深く歴史のあるところ、それが私たちの根室の「個性」です。これらの特色や特性を生かしながら、新しい時代に向け、活力ある誇りの持てる根室を作っていきたいと思います。
 全国的にも景気が良くない中、当市も産業の中心となる漁業や水産加工業が伸び悩み、人口も依然として減りつつあります。かなり厳しい状況にある市財政の建て直しや、医療や福祉の充実も必要です。
 北方領土問題も、2000年の日ロ平和条約の締結に向け、新しい動きが出ています。21世紀を目の前にして、解決しなければならない多くの課題があります。
 行政は継続だとよく耳にしますが、正すべきものは正し、見直すべきものは見直す勇気と決断を怠れば、それは惰性の行政となります。いま何が必要か、何を優先すべきかという視点から、時代の変化に的確に対応した政策を提起し実行していきたいと思います。
 直面している、市民要望の強い市立根室病院の体制整備、産業振興策の充実による経済活性化、北方領土返還、行財政の改革を最重要課題として位置づけをし、あらゆる可能性を探り、戦略を組み立てる「迫力ある行政」を進める中で、根室市全体を建て直し、それを未来の子どもたちの世代に引き継いでいく、そういう責務を私は強く意識し、持てる力の全てを使って市政を変革していきます。
 私は「市長は地域の経営責任者である」という感覚をもって市政を進めます。
 市長と市役所の職員、そして市民が、それぞれの役割を良く踏まえながら、協働(協力しあい働くこと) し、根室というキャンバスに共同作品を描くように市政を進めたいと思います。
 特に、私は可能性を秘めた若い人のエネルギー・パワーをもっともっと引き出してみたいと考えています。そのためには、若い人たちともどんどん対話し論議をして、いろいろな手段・手法を用いて、市政の中に反映していきます。
 お年よりも、若い人も、子どもたちも誰もが、根室に住んでいて良かった、これからも暮らし続けたいという、そうした市民の笑顔を求めて、私は市民の皆さんといっしょに汗をかきながら、21世紀の根室のまちを築いていく決意です。
 市民の皆さんのご支援とご協力を重ねてお願いしまして、市長就任のごあいさつといたします。





前にもどる ページの先頭へ



ホーム | サイトマップヘルプご意見・ご要望 

【分野別メニュー】 専門情報 | イベント情報 | くらしの情報 | 根室市の情報

〒087-8711 北海道根室市常盤町2丁目27番地 電話 0153-23-6111(代表)
メール
ホームページについてのお問い合わせは、総務部情報管理課まで

Copyright (c) nemuro city All Right Reserverd.