ホーム専門情報イベント情報へくらしの情報へ根室市の情報へお問い合わせはこちらから
現在の位置: ホーム > 専門情報 > 広報ねむろ > 広報ねむろ 記事

学芸員日誌




「藤野家文書の解読」 (平成14年12月号)



 明治時代の根室の歴史をみると、柳田家と共に藤野家 (又十という呼び方や柏屋という屋号もあり) という名前がたくさん出てきます。藤野家は近江商人の家で、江戸時代から蝦夷地に場所請負商人として進出し、根室や国後島・網走地方にかけて、大規模な漁場経営をしていました。明治になってからも、引き続き根室を中心に大漁業を行い、街の発展に大きく貢献していました。
 ところが、明治中頃から経営不振となり、北海道から撤退してしまったためか、まとまった史料が残されていないと思われていました。昭和43年発行の『根室市史』にも、藤野家については、その大きさの割には詳しい記述がありませんでした。ところが、10年程前に、函館の旧藤野家倉庫に膨大な文書が残されているのが見つかりました。道立文書館では、この文書をマイクロフィルムに撮影し、さらにこのフィルムのコピーを、根室市博物館準備室に入手しました。その量は約9,000ページ分にものぼり、ロールフィルム15本にもなっています。
 昨年から、当室では古文書購読講座を実施していますが、テキストにこの藤野家文書を使い、市民の皆さんと一緒に少しずつ解読をしています。すべて解読するには数年かかると思いますが、これを読み解くことによって、江戸時代末から明治中頃の根室の様子が、今まで以上に明らかになることは間違いありません。
 古文書購読講座は11月で一旦終了しますが、関心のある方は一緒に解読してみませんか。
                                   (主任学芸員  川上  淳)



藤野家文書



前にもどる ページの先頭へ



ホーム | サイトマップヘルプご意見・ご要望 

【分野別メニュー】 専門情報 | イベント情報 | くらしの情報 | 根室市の情報

〒087-8711 北海道根室市常盤町2丁目27番地 電話 0153-23-6111(代表)
メール
ホームページについてのお問い合わせは、総務部情報管理課まで

Copyright (c) nemuro city All Right Reserverd.