ホーム専門情報イベント情報へくらしの情報へ根室市の情報へお問い合わせはこちらから
現在の位置: ホーム > 専門情報 > 広報ねむろ > 広報ねむろ 記事

平成13年4月1日から
「野外焼却(焼却炉を使用しない廃棄物の焼却)は法律で禁止されます。

 現在、ごみを取り巻く現状は、資源の有効利用や様々な環境問題などから、安全で適切に廃棄物を処理することができる体制づくりが進められています。
 しかし、一方ではゴミの不法投棄や不適正処理が後を立ちません。
 こうした状況を踏まえ、廃棄物の不適正処理を防止するため「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」の一部が改正され、この4月1日から施行されます。
 その中でも一般家庭や小売店、事業場などで焼却炉を使用しないで、廃棄物を燃やすことは一部の例外を除き禁止になり、処理基準に従わない廃棄物の焼却を行うと、法律に基づき罰せられます。
 ゴミはきちんと分別し、家庭ではゴミを燃やさないようにしましょう。


ダメ!
 ドラム缶を輪切りにしただけの自家製焼却炉は煙突や空気取入口がなく、 野外焼却 (いわゆる野焼き) と見なされます。
 また、 焼却炉を使用してゴミ等を燃やす場合でも、 悪臭や黒煙を発生させないように気をつけ、 まわりの状況や風向きにも配慮し、 周辺から苦情等が出ないようにする必要があります。


適正な焼却設備と焼却処理を
@空気取入口及び煙突の先端以外に外気と接することがなく、焼却できる構造であること。
A燃焼に必要な量の空気の通風が行われるような構造であること。
B煙突の先端以外から煙(燃焼ガス)が排出されないように焼却すること。
C煙突の先端から火災又は規定以上の黒煙が排出されないように焼却すること。
D煙突から焼却灰や不燃物が飛散しないように焼却すること。
【問合先】
《一般家庭のごみに関すること》
根室市役所環境衛生係 3-6111(内線2128)
《煙や悪臭に関する苦情等》
根室市役所環境保全係 3-6111(内線2130)
根室支庁環境保全係   3-6131(内線2971)
根室支庁廃棄物対策係 3-6131(内線2974)


焼却禁止の例外
@ 災害、 風水害、火災、凍霜害その他災害の予防、応急対策又は復旧のために必要な廃棄物の焼却
   (例/凍霜害防止のための稲わらの焼却・災害時の木くず等の焼却・道路管理者のためにせん定した枝などの焼却)
   ※生活環境の保全上、著しい支障を生じる廃タイヤの焼却は含まれない

A 風俗習慣上又は宗教上の行事を行うために必要な廃棄物の焼却
   (例/どんと焼き等の地域の行事における不要となった門松、 しめ縄等の焼却)

B 農業、林業又は漁業を営むために必要な廃棄物の焼却
   (例/農業者が行う稲わら等の焼却・林業者が行う伐採した枝条等の焼却・漁業者が行う漁網に付着した海産物、流木の焼却等)
   ※生活環境の保全上、 著しい支障を生じる廃ビニールの焼却は含まれない

C たき火、その他日常生活を営む上で通常行われる廃棄物の焼却であって軽微なもの
   (例/たき火、キャンプファイヤーなどを行う際の木くず等の焼却)



前にもどる ページの先頭へ



ホーム | サイトマップヘルプご意見・ご要望 

【分野別メニュー】 専門情報 | イベント情報 | くらしの情報 | 根室市の情報

〒087-8711 北海道根室市常盤町2丁目27番地 電話 0153-23-6111(代表)
メール
ホームページについてのお問い合わせは、総務部情報管理課まで

Copyright (c) nemuro city All Right Reserverd.