ホーム専門情報イベント情報へくらしの情報へ根室市の情報へお問い合わせはこちらから
現在の位置: ホーム > 専門情報 > 広報ねむろ > 広報ねむろ 記事
人物図鑑

人物写真
 “春国岱の海霧の化身やサルオガセ”
 この俳句は、根室俳句会に所属する坂本知子さんが、第7回オホーツク文学俳句賞に応募した作品です。
 同文学俳句賞に応募した総数1千90句の中から、坂本さんの作品が見事入賞作品に選ばれました。
 「オホーツク文学俳句賞に応募したのは今回で3回目。まったく自信がなかったものですから、入賞の連絡が入ったときはとてもビックリしました。期待はしていなかったのでとても嬉しかったです」と喜びを語ります。
 俳句や短歌など日本文学に力を入れている紋別郡生田原町でオホーツク文学館俳句賞が制定されたのは7年前、これまで毎年、全国から数多くの作品の応募があります。
 坂本さんに俳句との出会いを伺うと「友人の勧めで市主催の俳句講座を受講したことが、この世界(俳句)に入るキッカケとなりました。もともと俳句を詠むことが好きだったんです」と、今では俳句専門雑誌に毎月投稿しているとのこと。
 自然の中で俳句を作ると大変勉強になると話す坂本さん。入賞した句は、春国岱を散歩していたところ“サルオガセ”が白いレースのような美しさだったので、その感動を句にしたもの。「俳句を始めてから根室の自然を見つめなおすことができました。ここには魅力ある素材がたくさんあります」と話します。
 「俳句を考えるのは、まだまだ難しいけれどとても面白いです。みんなに認められる俳句ができるよう勉強していきたい」と最後に意気込みを語ってくれました。
坂本 知子さん(58)
根室俳句会会員

『手軽に自己表現できる俳句が好き』
     

一年に一句 満足できる
句ができれば嬉しい

前にもどる ページの先頭へ



ホーム | サイトマップヘルプご意見・ご要望 

【分野別メニュー】 専門情報 | イベント情報 | くらしの情報 | 根室市の情報

〒087-8711 北海道根室市常盤町2丁目27番地 電話 0153-23-6111(代表)
メール
ホームページについてのお問い合わせは、総務部情報管理課まで

Copyright (c) nemuro city All Right Reserverd.